福井駅前メッセ2019に行ってきた!BBSエリアには何とBMW「M2コンペティション」が登場で多くの人だかりが【動画有】

2019-05-27

~BBSエリアは若者を中心に大盛況!~

5月23日(木)~5月26日(日)までの4日間、JR福井駅前・ハピリン広場にて開催されているフェニックスパワー主催のチューニングカー祭典「福井駅前メッセ2019」に行ってきました。

コチラのチューニング祭典では、HKSやTRUST、BLITZ、TOMEI、SARD、APEXi、BBS、RAYS、YOKOHAMA、BRIDGESTONE、ミシュラン、ENDLESSといった有名なアフターパーツメーカやチューナーによってカスタム・改造が施されたデモカーが一斉に展示されたイベントで、本来であればこういったイベントは関西や関東ではイベントホールを貸し切り、入場料を支払うスタンスとなりますが、このイベントではまさかの無料。
今年で3回目となる福井駅前メッセ2019ですが、こんな贅沢なイベントは中々ないですし、かなり見ごたえのある内容になっているのではないかと思います。

今回はアフターパーツメーカであるBBSホイールエリアをチェック。
BMWのハイパフォーマンスモデルも登場で、かなりの人だかりができる程に大盛況でした。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~早速展示車両を見ていこう!~

BMW「M2コンペティション」

まずはBMWのエントリーハイパフォーマンスモデルとなる「M2コンペティション(M2 Competition)」。
エントリーモデルとは言いながらも、コンペティションモデルは中々福井県内でも見かけることの無いレア車ですが、まさかこういったイベントにてお目に掛かれるとは思いませんでした。

足もとにはデュアル5スポークのBBS製鍛造アルミホイールを装着。
2ピースロックナット式で、オリジナルの大口径ディスクが映える美しい足回りになっていますね。

マツダ「アテンザ」

こちらはマツダ「アテンザ」。
足周り以外は基本的にノーマル仕様ですが、こちらの注目度も相当に高かったように思えます。
っというか、キャンギャルのお姉さんがいらっしゃったのでそちらにカメラマンたちが集中していたように感じますね。

こちらがマルチスポークタイプのホイール。
BBSらしい王道のデザインですが、やはりその迫力は他のホイールには無い魅力があります。

ちなみにすぐ近くにはBBSホイールのサンプルが展示され、その場で商談・購入することも可能。

個人的に驚いたのは、こういったホイールメーカに注目する人が大学生や社会人ではなく、男子中高生といった若者ばかりで、「僕、こういうホイール履かせたいんッスよ!」と店員さんに熱く語る高校生も多く、そのほとんどがカタログを持ちかえるほど。
そういった熱意に負けじとアピールする店員さんも非常に印象的で、まだまだ若者のクルマ離れは先の話だなと感じたほど。
クルマの将来はまだまだ安泰のようです。

【20190525_福井駅前メッセ2019(ハピリン広場)に行ってきた!日産「GT-R」・トヨタ「スープラ/MR2/ヴェルファイア/アルファード」】

☆★☆イベント・オフ会等関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう