デフォの2倍の1,000馬力までパワーアップしたシボレー「コルベットC7」がドラッグレース挑戦→圧勝【動画】

20161229_2_c7

シボレー「コルベットC7」と言えば、排気量6.2L V型8気筒OHVエンジンを搭載し、最高出力460psを発揮するマッスルカーとしても有名ですが、そのデフォルトの最高出力を2倍以上の1,000馬力にまでチューンアップし、ドラッグレースに挑む姿が公開に。

スポンサーリンク

この「コルベットC7」が具体的にどのようなチューンアップキットを用いてカスタムされたかは不明ですが、マフラ部分が中央3本出しから中央2本出しのマフラカッタ付に変更され、更にはタイヤも厚めの扁平に変更された状態にて走行していることが確認できますね。

実際にドラッグレースによるスピード勝負を見ていくと、他の車両を圧倒する加速力と伸びが非常に印象的で、やはりマッスルカーの威厳は只者ではないことが確認できます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう