これは一体?ホンダから新たなハイブリッドモデルが登場するとの噂が浮上

~ホンダの最新ハイブリッドモデルが登場?一体何が出てくる?~

インド市場での販売を手掛けるインド・ホンダが、今後全く新しいハイブリッドモデルを発売する考えを示していることを、現地自動車ニュースサイトであるPTIが発表しました。
これは以前から噂されていた情報なので、恐らく2020年に登場が期待される次世代コンパクト4ドアセダンモデルとなる「シティ(City)」を指しているのではないかと言われています。

現在ほかの自動車メーカも、インド市場においてEVモデルの市販化を急いでいる中、ホンダはまだまだハイブリッドモデルをスキップしてEVモデルを市販化する考えは無いようで、まずはEVへのシフトをナチュラルにする前段階として、ハイブリッドモデルの市販化を拡充していく考えを持っているとのこと。

スポンサーリンク

~ハイブリッドモデルやEVモデルを市販化するためには大きな課題も~

なお、インド・ホンダは2017年に次世代「シティ/フィット(ジャズ)」にハイブリッドパワートレインを採用することを報告していましたが、価格があまりにも高価になることから、全く売れない恐れがあるとして、内燃機関モデルの市販化が優先的に進められていました。
そんな中、ようやくインド市場においても、排ガス規制の強化や顧客からの要望により、2020年初めにインドにて発売される可能性が高まっており、併せて外観とインテリアデザインの一新やプラットフォームの変更によって、更なる高い品質と走行性能を持つ一台として登場が期待されています。

もちろん、このハイブリッドモデルの販売が成功すれば、ゆくゆくはオールEVモデルとして販売される可能性が一気に高まるわけですが、それまでにはまず価格帯をしっかりと抑えることと、充電施設を充実させるためにインフラを強化する必要がありそうです。

☆★☆ホンダ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:IndianAutosBlog

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう