トヨタ「ハイエース」ベースの高級ミニバン「グランビア(Granvia)」は想像以上にデカかった!海外ジャーナリストが細かくインプレッション【動画有】

~トヨタ・新型「グランビア」を早速レビューしてみた!~

トヨタ台湾が5月末に発表したばかりとなる、オーストラリア市場での年内販売を目指す最新ミニバン「グランビア(Granvia)」。
オーストラリア市場においては、大人気モデルとなる「タラゴ(日本名:エスティマ)」の後継モデルとして登場することとなり、更なる高級路線を走るトヨタが新型セミキャブオーバーモデルとなる「ハイエース」をベースに高級ミニバンという位置づけにて登場するわけですが、早速このモデルに関して海外ジャーナリストが細かくインプレッションしています。

スポンサーリンク

~新型「グランビア」はとにかくデカい!それでいて高級感も満載~

新型「グランビア」は、先述にもある通り「ハイエース」をベースにしているため、ボディサイズも非常に大柄となる全長5,300mm×全幅1,970mm×全高1,990mm。
今回インプレッション並びに試乗動画をお届けしているジャーナリストも、身長178センチと大柄ではありますが、それよりも更に大柄であることを証明している動画にもなっています。

ちなみに、競合モデルとなるヒュンダイ「Starex」やフォード「Toureno」、フォルクスワーゲン「Caravelle」、メルセデスベンツ「Vito」に比べると最もコンパクトな一台となる「グランビア」ですが、車内での快適性や乗り心地は一切引けを取らないレベルだそう。

~新型「グランビア」のグレードと価格帯はどうなっている?~

グレードとしては、大きく6人乗り用と9人乗り用の2種類がラインナップされることとなりますが、今回インプレッションしているのは9人乗りのエントリーモデルとなる”豪華版”。
ちなみにグレード別の価格帯は以下の通りとなっています。

【新型「グランビア」グレード別価格帯一覧】
6人乗り豪華:約615万円(174.9萬元)
6人乗り旗鑑:約657万円(186.9萬元)
9人乗り豪華:約619万円(175.9萬元)
9人乗り頂級:約636万円(180.9萬元)
9人乗り旗艦:約661万円(187.9萬元)

「ハイエース」の高級版でありながらも、価格帯として約615万円~661万円というのは中々にリーズナブル。
元々装備されている安全装備はもちろんのこと、標準装備されているものがほぼ同じということもあって価格帯の幅も非常に狭いのだと思いますが、ここからメーカオプション等を加えていくと750万円~800万円程になるのではないかと推測しています。

~室内の広さはどうだ?~

ちなみに9人乗りの車内レイアウトはこんな感じ。
車格が大きくなることはもちろんですが、車内はちょっと窮屈そうな感じにも見えますね。

実際に車内に座ってみるとこんな感じ。
シートは基本的に手動調整にて行い、リクライニングやスライドも可能。
しかも2列目・3列目シートは同じスライドレール上にあるため、最大限に広くすることもできれば、最大限に狭くすることも可能になっています(フリー調整が可能)。

4列目シートはこんな感じ。
天井は全く低さを感じさせない高い快適性を提供。
もちろん4列目専用のスライドレールを設けているため、更に広くとるためにトランク側へと移動することも可能になっています。

運転席周りもレビューしていますが、ステアリングやインパネ周りも高級感があって申し分ないとのこと。
「アルファード/ヴェルファイア」とそこまで大差ないレベルなのかもしれません。

試乗インプレは?
気になる続きは以下の動画にてチェックしていきましょう。

【全球首發開箱試駕!TOYOTA GRANVIA九人座豪華版】

☆★☆ミニバン関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう