メルセデスベンツ「AMG GT73」が年内発売予定。ハイブリッド搭載で800馬力を発生、ポルシェ「パナメーラ」を猛追か

~遂にメルセデスAMGの真価が問われるハイブリッドが登場へ~

メルセデスベンツのトップグレードモデルとなる「AMG GT4ドアクーペ」ですが、今回このモデルをベースに、排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジン+電気モータを組合わせたハイブリッドエンジンを採用し、システム総出力800hpを発揮する「AMG GT73」が、年内に登場することがわかりました。

メルセデスベンツAMGのボスであるTobias Moers氏の説明では、「45シリーズを除く全てのAMGモデルが電動パワートレインを手に入れることになり、ハイブリッドモデル最初の皮切りになるのがGT4ドアクーペになる」と語っていました。

この言葉の通りメルセデスベンツは、以前より商標申請していた「AMG GT73 4Matic」を本格的に市販化する考えを示しており、最も競合モデルとしてふさわしいポルシェ「パナメーラ・ターボS Eハイブリッド」を猛追する一台になることが期待されています。

スポンサーリンク

~スペックだけでなくパフォーマンスも最上位レベルに~

なお、現時点でAMGのラインナップモデルでトップクラスのパワーを持つのが「GT63 S」で、同じV8ツインターボエンジンを搭載しつつ、最高出力639ps/最大トルク900Nmを発揮します。
直線性のパフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間が3.2秒となり、ブラバラス仕様のモデルともなると、最高出力800ps/最大トルク1,000Nmを発揮し、0-100km/hの加速時間は2.9秒にまで向上します。

おそらくですが、ハイブリッドモデルとなる「GT73」は、上のスペックよりも更に強力で、モータによるとアシスト力のおかげで更に高い加速性能を持つことになると予想されます。

☆★☆「AMG GTシリーズ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう