フルモデルチェンジ版・ホンダ新型「N-WGN(Nワゴン)」のフロントデザインはこれだ!更にディーラでも公式画像が確認可能に

2019-06-07

~遂に新型「N-WGN」のフロントデザインが明らかに!~

既に当ブログにおいて詳細情報をお伝えしているフルモデルチェンジ版・ホンダ新型「N-WGN(Nワゴン)」ですが、これまで公開されてきた新型のスパイショットは、カモフラージュデザインによって偽装され、更に「N-WGNカスタム」のフロントデザインを確認することはできませんでした。
ですが、今回ようやくフロントフェイスを確認することに成功!

実は既に各ディーラでも、偽装一切無し&公式デザインを明らかにしたスタッフマニュアルが公開されているとのことなので、新型「N-WGN」を検討されている方は一度ディーラに訪問し、スタッフマニュアルの内容を確認してみてはいかがかと思います(ちなみに私は既に拝見済みですが、「N-BOX」に近い個性的なデザインに仕上がっていると感じました)。

それでは、(偽装されてはいますが…)新型のフロントフェイスがどのようになっているのかをチェックしていきましょう!

スポンサーリンク

~これが新型「N-WGN」のフロントフェイスだ!~

ノーマルから見ていこう

こちらがフルモデルチェンジ版となる新型「N-WGN」のノーマルデザイン。
フロントヘッドライトは、現行「N-BOX」に非常に近い丸目タイプとなり、フロントグリルもほぼほぼ同じになっていますね。
軽トールワゴンタイプではありますが、後席ドアがスライドではなく横開きになるので、室内空間が現行に比べてどれだけ改良されているかが気になるところ。

スタイリングとしては、カクカクした印象というよりも、少しだけ丸っこくなったような感じにも見え、おまけに車高もちょっと下がり気味?(テストカーなので意図的にローダウンしている可能性も)で、重心を低くすることで走行性能を高めたスポーティな一台となりそうですね。

ちなみに足元のホイールは、ブラックペイント処理されたスチールホイールを装着。この辺りのデザイン性は特に変更なさそうですね。

カスタムも見ていこう

そしてコチラが最も気になっていた「N-WGNカスタム」のフロントフェイス。
先ほどのノーマルとは異なって、明らかにデザイン性が異なり、フロントヘッドライトも丸目ではなく、「N-BOXカスタム」同様にフロントヘッドライトは9灯式(ロービーム6灯+ハイビーム3灯)となり、ウィンカーもフロントのみが流れるタイプのシーケンシャルウィンカーを採用したデザイン性となることがわかっています。

フロントグリルは、ノーマルに比べてグリル面積が広いようにも感じられますが、それ以外の点では特に大きな変化はなさそうですね。

他のデザインを見ていくと、ルーフスポイラーが装着されたことでかなりアグレッシブでスポーティな印象を受ける一台になっていますね。
恐らくフロントロアバンパーやサイドスカート、リヤロアバンパーもスポーティになるのではないかと推測しますが、ここまで軽トールワゴンが進化してくれるのは非常に嬉しいことですし、購買意欲を掻き立てるものがありそう。
足もとのホイールも複雑でスポーティ、ブラックペイント処理されていますが、グレードによってはシルバーなどもあるかもしれません。

いよいよ6月はティーザーパンフレットを配布!デザインリークの可能性も!

新型「N-WGN」の今後のスケジュールですが、発表・発売は7月末頃を予定している一方で、6月にはティーザパンフレット(リーフレット)が配布されるとのこと。
その際には、ある程度のデザインは明確になると同時に、更に細かい情報と価格帯も明確になるのではないかと思いますし、先行によてひょっこりリーク画像が公開される可能性もありそうですね。

☆★☆新型「N-WGN」グレード別価格帯・メーカオプション・主要装備・関連記事はコチラ!☆★☆

☆★☆新型「N-WGN」試乗感想・関連記事はコチラ!☆★☆

☆★☆新型「N-WGN」パンフレット・カタログ関連記事はコチラ!☆★☆

☆★☆新型「N-WGN」関連記事はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう