【最新情報】マイナーチェンジ版・レクサス新型「RX」の先行予約は6月22日より開始、プレカタログは6月20日にディーラにて到着・配布する模様【動画有】

~新型「RX」に関する一部詳細情報が明らかに!~

先日発表されたばかりとなるレクサスのマイナーチェンジ版・新型ミドルサイズSUV「RX」ですが、遂にこのモデルの先行予約並びにプレカタログ配布時期等が明らかとなりました。
また、個人的に気になっていたライトの点灯や流れるウィンカー(シーケンシャルウィンカー)がどのようになっているのか調べてみたので、お時間あるかたは是非ともチェックしていただけたらと思います。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~大きくラインナップは3種類、販売時期や予約、カタログ配布時期はいつ?~

まずマイナーチェンジ版・新型「RX」のラインナップグモデルですが、大きくはガソリンモデル「RX300」とハイブリッドモデル「RX450h」、そし3列シートモデル「RX450hL」の3モデルとなっています。
この辺りは現行モデルと同様となりますが、グレードにおいても「RX300/RX450h」がベースグレードとF SPORT、version Lの3グレードとなり、「RX450hL」のみがversion Lという内容となっているようです。

そして気になる販売時期についてはまだ未定なものの、発表は8月29日(木)先行予約並びに見積もり開始は6月22日(土)から開始とのことです(ちなみに価格は6月10日以降に判明)。
本来であれば、新型車の発表や見積もり開始のタイミングは平日の方が多いのですが、新型「RX」に関しては休日の土曜日からというのは非常に嬉しいところですね。

また、プレカタログ(簡易カタログ)がディーラに到着する時期は6月20日(木)ということなので、早くとも同日には配布されるディーラもあるのではないかと思われます。

~新型「RX」のウィンカーはどのように流れる?~

続いてフロント・リヤの流れるタイプのシーケンシャルウィンカーですが、フロントウィンカーは上の画像のような感じで流れる模様。
L字型のアローヘッドデイタイムランニングライトの上部が流れるということで、このあたりは特に大きな変更は無さそうですね。

そして最も気になるのがリヤテール。
まずリヤテールランプは、L字型が幾重にも重なるタイプになっていて、新型「LS」の意匠を引き継いだ引き締まったデザインとなっています。
そしてリヤのシーケンシャルウィンカーについては、リヤテールランプと対になったデザインとなっています(これはかなりカッコいい)。

ウィンカーはこんな感じ。
画像がブレッブレですが、現行「RX」よりもスタイリッシュに進化していることがわかりますね。

~インテリアは実用性や利便性を考慮して直接タッチが可能に~

ちなみにこちらはインテリア。
センターにあるナビゲーションディスプレイは変わらずの12.3インチと非常にワイドで、現行モデルよりも明らかに手前側に配置されていることがわかりますね。
あと、これは朗報とも言うべきことだと思いますが、全グレードにおいてパドルシフトが標準装備されるのは非常に嬉しいポイントだと思います。

手元にはリモートタッチが可能なタッチパッド式のコントローラがあるのですが、操作性や利便性を考慮して、直接のタッチも可能になっているのは非常に嬉しいポイントだと思います。

【Introducing the New 2020 Lexus RX】

【The New 2020 Lexus RX Is Bolder And Has The ONE Feature You Have Been Asking For!】

☆★☆「RX」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう