完全に予想外だった…ランボルギーニからオフロード要素を取り入れたコンセプト・ワンオフモデル「ウラカン・ステラート(Huracan Sterrato)」が世界初公開

~ランボルギーニからまさかのワンオフ・オフロードコンセプトが発表とは…~

以前より、ランボルギーニが6月4日(火)に”秘密のモデル”を発表する?との噂が浮上していましたが、そのモデルが本当に発表。

今回ランボルギーニが発表したのは、エントリーハイパフォーマンスモデル「ウラカン・ペルフォルマンテ」をベースにしたもので、四輪駆動システムと強力なエンジンを組み合わせたオフロード仕様のコンセプト・ワンオフモデル「ウラカン・ステラート(Huracan Sterrato)」となります。

以前からの噂では、世界限定63台のみとなるハイブリッドハイパーカー「UNICO(LB48H)」が登場するかもしれないといわれていましたが、そもそもこのモデルの一般公開は9月であることが判明していますし、まさか「ウラカン」のオフロード仕様が登場するとは完全に予想外でした。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~「ウラカン・ステラート」はとにかくオフロード感を高めた究極のハイパフォーマンスモデル~

この「ウラカン・ステラート」は、ホイールアーチやライトバー、そしてリフトアップされたサスペンションが印象的な一台で、どことなく「ウルス」の要素を兼ね備えたオフロードスーパースポーツ。

パワートレインは、「ウラカン・ペルフォルマンテ」がベースになっているので、排気量5.2L V型10気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力640psを発揮します。
その他「ウラカンEvo」にも採用されているLamborghini Dinamica Veicolo Integrata(LDVI)といった四輪操舵システムとトルクベクタリング要素を持ち合わせ、ランボルギーニ本来の走行性能だけでなく、オフロードのような悪路にも適応したフレキシブルな走りを実現可能とします。

~オフロードでの速さを追求するために改良点を徹底的に追加。もはやラリーカーレベル~

足回りについても、オフロード仕様にリフトアップしていると記載しましたが、具体的には47mmリフトアップしていて、アプローチアングルとデパーチャーアングルを大幅に改善。
更には、ワイド感を高めるホイールアーチと20インチの大口径アルミホイール×バルーンタイヤを装着することで、より安定感を高めた走りを追求できるとのこと。

なお、リヤデザインを見てもお分かりの通り、このモデルはオンロードでの速さを追求する物ではなく、オフロードを追求したラリーカーのようなモデルでもあるため、アンダーボディ保護のためにリヤディフューザーとしても機能する滑り止めのプレートを追加しています。

更にフロント部分にはアルミ製の補強材がフレームにも組み込まれており、アルミ製のスキッドプレートによって保護されています。
その他のプロテクション機能には、アルミ強化サイドスカートやエンジンとエアインテーク周囲の保護複合ボディワーク、カーボンファイバエラストマー樹脂マッドガードといったオフロード感満載のパーツも採用しています。

また、「ウラカン・ステラート」のオフロード感を向上させるために、外観においてもルーフ上にLEDライトバーとLEDバンパーライトを追加。
インテリアにおいては、チタンロールケージや4点式シートベルト、アルミニウムフロアパネル、そしてカーボンバイシェルスポーツシートを採用したスポーティさとオフロード感を掛け合わせた独創的なインテリアとなっています。

ちなみに、このモデルあくまでも1台限りのワンオフモデルであり、オフロードコンセプトモデルでもあるため、市販化の計画は無いとのこと。
ラリーレースへの参戦も特に宣言していないため、単純にコンセプトとして公開しただけだと思いますが、今後ランボルギーニからこういった刺激的なモデルが突如として発表されることがあるかもしれません。

Automobili Lamborghini conquers new territory with the Huracán Sterrato Concept

Sant’Agata Bolognese, 4 June 2019 – Automobili Lamborghini is exploring new horizons with its unconventional concept, the Lamborghini Huracán Sterrato. Based on the super sports prowess of the V10 Huracán, the Sterrato draws on Lamborghini’s off-road expertise exemplified in the Urus Super SUV, creating a new dimension of Lamborghini ‘fun to drive off-road’: a transfer of technologies creating a super sports car for challenging environments.

The Sterrato concept is based on the Huracán EVO with the same 5.2 liter naturally-aspirated engine producing 640 hp. The Huracán EVO’s LDVI (Lamborghini Dinamica Veicolo Integrata) with predictive logic, controls the Sterrato’s systems including four-wheel drive, four-wheel steering, modified suspension and torque vectoring, anticipating the next moves of the driver to ensure perfect driving dynamics. Calibrated for off-road driving including low-adherence surfaces, and tuned to maximize traction and acceleration, the LDVI system in the Sterrato provides enhanced rear-wheel drive behavior, producing more torque together with additional stabilization in oversteering maneuvers.

Huracán Sterrato Exterior and Interior

The Sterrato is created for demanding environments. Its appearance immediately illustrates the Sterrato’s imposing off-road abilities within the framework of a super sports car. Ground clearance is heightened by 47 mm, with the car’s front approach sharpened by 1% and the departure angle enhanced by 6.5%.

The wheel track is enhanced front and rear by 30 mm, with 20” wheels on balloon tires set into new wide-body wheel arches with integrated air intakes, giving the Sterrato a commanding presence that makes clear its abilities. Specially-developed larger tires with increased side walls improve the asperity absorption and grip. Wide, rugged, open shoulder blocks for self-cleaning qualities, provide excellent off-road surface adherence with improved traction and braking and are highly damage resistant.

The Sterrato is fitted with underbody reinforcements and body protection, including a rear skid plate that acts as a diffuser. Aluminum reinforcements are integrated within the front frame and covered with an aluminum skid plate, with aluminum-reinforced side skirts. Special protective composite bodywork includes stone-deflecting protection around the engine and air intakes and mud guards in hybrid materials of carbon fiber and elastomeric resin. An off-road LED light package is comprised of a roof-mounted LED light bar and LED bumper lights with flood function.

A specially-designed interior trim reflects the sporty off-road character of the Sterrato, featuring a new lightweight titanium roll cage, four-point seatbelts to the new carbon bi-shell sports seats, and aluminum floor panels.

“The Huracán Sterrato illustrates Lamborghini’s commitment to being a future shaper: a super sports car with off-road capabilities, the Sterrato demonstrates the Huracán’s versatility and opens the door to yet another benchmark of driving emotion and performance,” said Maurizio Reggiani, Chief Technical Officer of Automobili Lamborghini. “Lamborghini’s R&D and design teams are constantly exploring new opportunities and delivering the unexpected as a core characteristic of our DNA, challenging possibilities while inspired by Lamborghini brand heritage.”

The Lamborghini Jarama and Urraco of the 1970s already explored the potential for combining Lamborghini’s high performance and off-road capabilities. Lamborghini’s test driver Bob Wallace modified the two models to create desert-going high performance sports cars, the Jarama Rally from 1973 and the Urraco Rally from 1974.

☆★☆ランボルギーニ・コンセプト関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう