フルモデルチェンジ版・ダイハツ新型「タント/タント・カスタム」のティーザーパンフレット到来!新型「タント・カスタム」の顔つきとヘッドライトデザインを見よ!

2019-06-06

~遂に新型「タント/タント・カスタム」のティーザーパンフレットが公開に!~

さて、以前よりフルモデルチェンジ版・ダイハツ新型「タント/タント・カスタム」の詳細な情報を展開し続け、本日は既に新型「タント」のインテリアデザインを先行公開しましたが、今回もう一つ新たに新型「タント・カスタム」のフロントフェイスが大々的に写ったティーザーパンフレットを公開。

▽▼▽関連記事▽▼▽

新型「タント・カスタム」のフロントフェイスは、既に当ブログでも公開済みではありますが、今回はフロントヘッドライトのデザインや、グリルにあるシルバーメッキ等も明確にわかる内容となっています。

現行「タント・カスタム」に比べて、シルバーメッキの使用比率は圧倒的に少なくなっていると思いますが、それでもヘッドライト間をつなぐようなストレートのメッキに加え、更にその下にもメッキが確認できますね。

スポンサーリンク

~あらためて新型「タント・カスタム」のフロントデザインをチェックしてみよう~

改めてヘッドライトもチェックしてみると、LEDヘッドライトとウィンカーが上下に分かれた2段構成になっていることがわかります。
特に上段の二眼ヘッドライトは、まるでレクサスのL字型ヘッドライトを彷彿させるような印象さえ受けるほど。中々に高級感があります。

ちなみにこちらが新型「タント・カスタム」の全体のデザイン。
これは以前のブログでもお伝えしましたが、フロントマスクの表情は非常に引き締まった印象を受けながらも、グリルの形状はどこかレクサスのスピンドルグリルっぽくも見えますね。

なお、上のが画像の新型「タント・カスタム」は最上位グレードのターボ系となる”カスタムRS”で、ボディカラーはメーカオプション扱いとなる”[ルーフ]ブラックマイカメタリック×[ボディ]シャイニングホワイトパール”
この他には、コンフォータブルパックやスマートクルーズパック、スマートパノラマパーキングといったメーカオプションがてんこ盛りの一台となります。

前回の”プレミアム”と呼ばれるパッケージングオプションでは、ボディカラーがブラックだったのでグリルとボディパネルの区別が付きにくかったかと思いますが、今回はボディカラーがホワイトとなるため、どのあたりがグリル部分となるかがはっきりとわかるようになっています。

フロント・リヤフォグ周りはメッキを使用せずにブラックパーツのみと非常にシンプルながら、全体的に引き締まりを強化した顔つきとなっています。
あと、ホワイトのボディカラーなのではっきりとわかりますが、ドアサイドパネルにはブラックのアクセントパーツも標準にて装備されています。

☆★☆新型「タント/タント・カスタム」まとめの関連記事はコチラ!☆★☆

☆★☆新型「タント/タント・カスタム」グレード別価格帯の関連記事はコチラ!☆★☆

☆★☆新型「タント/タント・カスタム」見積もりの関連記事はコチラ!☆★☆

☆★☆新型「タント/タント・カスタム」セールス試乗感想記事はコチラ!☆★☆

☆★☆新型「タント/タント・カスタム」外装・内装関連記事はコチラ!☆★☆

☆★☆新型「タント/タント・カスタム」関連記事はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう