フルモデルチェンジ版・ダイハツ新型「タント・カスタム」のインテリアを先行初公開!現行モデルから引き継いだクールな仕上がりで、ブルーのアクセントが個性的に

~いよいよ新型「タント・カスタム」のインテリアを公開!~

以前、フルモデルチェンジ版・ダイハツ新型「タント」(スタンダード仕様)のインテリアをどこよりも早くお伝えしましたが、今回はスポーティ仕様の新型「タント・カスタム」のインテリアをご紹介。
既に本日から自動車ニュースサイトではプロトタイプモデルに関する記事が紹介されていますが、当ブログでは公式モデルのインテリアデザインを公開していきたいと思います。

現行「タント・カスタム」と比べて具体的にどのあたりが変わったのか、シートのデザイン等、どういったところが変更されているのかを細かくチェックしていきたいと思います。

▽▼▽新型「タント」インテリア関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~これが新型「タント・カスタム」のインテリア・デザインだ!~

早速「タント・カスタム」のインテリア・デザインをチェックしていきましょう(グレードは上位”カスタムRS”で、コンフォータブルパックや9インチスマホ連携ディスプレイオーディオ、スマートパノラマパック)。

インフォテイメントディスプレイやナビゲーションディスプレイ、オートエアコン、センターシフトノブ、エアコンの吹き出し口は、スタンダード仕様となる新型「タント」と全く同じなので説明は割愛しますが、デザイン性においては「タント・カスタム」の方が上質感があって、高級感と大人の雰囲気を兼ね備えた仕様に仕上がっていますね。

随所にあしらわれたメッキ加飾によって高級感が加味されていることはもちろんですが、エアコンの吹き出し口周りには、何とブルーのアクセントが加味されることでエキゾチックさが加味されています。
新型「タント」の方は、ミントグリーンのようなアクセントが追加されていただけに、それとは一転して非常に落ち着いた色合いになっています。

また、センターシフト周りにはプレミアムシャインブラック加飾が入ったことで、上質さと洗練さを持ち合わせ、軽自動車とは思わせないほどに精巧。
個人的にはこういったシックで高級感を持たせたデザインは非常にグッドだと思いますね。

~現行「タント・カスタム」のインテリア・デザインを見てみよう~

via:https://www.daihatsu.co.jp/

こちらは現行「タント・カスタム」のインテリアデザインとなりますが、こちらも大きくは現行「タント」とレイアウトは変わらず、大きくはシートやその周りがブラックで統一されているといったところぐらいでしょうか。
こちらも大人の空間を演出したクールな完成度となっていますが、センター周りの密集度による高級感の高さとシンプルさにおいては、新型「タント・カスタム」の方が上かもしれませんね。

☆★☆新型「タント/タント・カスタム」まとめの関連記事はコチラ!☆★☆

☆★☆新型「タント/タント・カスタム」グレード別価格帯の関連記事はコチラ!☆★☆

☆★☆新型「タント/タント・カスタム」見積もりの関連記事はコチラ!☆★☆

☆★☆新型「タント/タント・カスタム」セールス試乗感想記事はコチラ!☆★☆

☆★☆新型「タント/タント・カスタム」外装・内装関連記事はコチラ!☆★☆

☆★☆新型「タント/タント・カスタム」関連記事はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう