パガーニが最新オープンワンオフモデル「ゾンダ(Zonda)”Zun”」を世界初公開。パープルとカーボンブラックを組合わせたユニークな一台に

~一体どれだけ登場するの?パガーニのワンオフモデルがまたまた登場~

パガーニはこれまで、数多くのワンオフモデルの「ゾンダ(Zonda)」を発表してきましたが、今回新たなるワンオフのオープンモデルとなる「ゾンダ”Zun”」の完成レンダリングを世界初公開しました。

今回公開されたワンオフモデルの「ゾンダ」は、ルイス・ハミルトン氏が所有している「ゾンダ760LH」や、ZOZOTOWNの前澤友作CEOが所有する「ゾンダZOZO」に近いパープルカラーにて塗装され、カーボンファイバ製エアエクストラクタとカーボンファイバアクセントが追加されたカスタムフード、そしてカーボンファイバ製カナードとスプリッターがセットされたエクストリームな外観となっていますね。

スポンサーリンク

~「ゾンダ・チンクエ」の要素が入りながらも、見た目は明らかに公道仕様からはかけ離れたエクストリームモデル~

サイドから見てみると、リヤアーチからカーボンファイバ製エアインテークが設けられ、更には「ゾンダ・チンクエ・ロードスター」のようなルーフスクープが、リヤウィングに取り付けられたカーボンファイバ製フィンにシームレスに接続されていることがわかりますね。

リヤデザインはこんな感じ。
カーボンファイバ製リヤウィングに加えて、ボディカラーと同色素地となるコンパクトリヤスポイラーが設けられていますが、このサイズ感は「ゾンダ760シリーズ」の中でも最も大きなウィングになるのではないかと考えられています。

あとはセンター4本だしマフラやレーシングカーのような過激なリヤディフューザーが装着され、公道には不向きな非現実的なデザインとなっています。

インテリアは意外にもシンプル。
っというか、ちょっとチープ過ぎない?パガーニらしい芸術的なセンターパネル周りや、センターコンソールが見られないのは残念。

シートはアルカンターラを採用したスポーツバケットシートを採用し、ブラックを基調としながらもパープルのカラードステッチが絶妙なアクセントを加えていますが、その他のパープルのアクセントパネルが微妙。あっ、ちなみにかなり珍しい右ハンドル仕様となっています。

☆★☆パガーニ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう