ホンダ・新型「N-WGN(Nワゴン)」のティーザーパンフレットが続々。ノーマルとスタンダードのインテリアデザインの違いはどうなっている?

~新型「N-WGN」のティーザーパンフレットが続々登場~

さて、昨日6月6日(木)より続々とティーザーパンフレット等が公開されているホンダのフルモデルチェンジ版となる新型軽トールワゴン「N-WGN(Nワゴン)」。
今回新たに、新型「N-WGN」の外観に加えて、ノーマルとカスタム(Custom)のインテリアデザインも明確になったパンフレットが公開されています(画像を提供いただいたM様には心より感謝申し上げます!)

各県ディーラによって、パンフレット内容が異なっているようで、それに合わせて先行予約特典も異なっているようですね(中には成約で商品券が付いてくるところもあれば、何も付いてこないところもある)。

一体どんなパンフレット内容となっているのか、早速チェックしていきましょう。

スポンサーリンク

~ノーマルモデルの外観とインテリアをチェックしていこう~

早速パンフレット内容をチェックしてみると、まずはノーマルの「N-WGN」の外観とインテリア、オートブレーキホールド、リヤトランクの2段構造、ステアリングのチルト&テレスコピック機能を示した写真が確認できますね。

まずインテリアについてですが、今回の新型よりシートが非常に上質なホワイト(ベージュ?)系のファブリックシートとなり、シートカラーと同色だったステアリング周りやダッシュボード周りについても大きく変更されています。
特にステアリングの形状は、シンプルなオールウレタン巻の3スポークだったものが、アルミ調を加味した高級溢れる3スポークへと変更され、更にステアリング上には様々な物理スイッチが確認できますね。

運転メータ系はさすがにアナログのままとなっていますが、右側に集約されるインフォテイメントディスプレイはカラータイプとなる可能性が高そうですね。

またセンターナビゲーションディスプレイも、ダッシュボード内蔵だったものが完全に枠からはみ出たようなレイアウトとなり、9インチの大型ディスプレイも装着可能になっています。
ナビゲーションディスプレイが上部に設けられることで、わざわざを首を動かしてナビを確認するのではなく、視線を替えるだけでナビを確認することが可能な、人間工学に基づいたレイアウトに改良されています。

エアコンの吹き出し口やエアコンスイッチ類は、センターシフトノブよりも上部に配置されていますが、ちょっと操作し難そうなレイアウトになっていますね。

via:https://www.honda.co.jp/

こちらが現行「N-WGN」のインテリアデザイン。
ダッシュボード上部はブラックで、アンダー部分とステアリングはシートと同色素地となっていますが、全体的にチープ感が強かったのがとても気になっていたところでした。
今回のフルモデルチェンジで、大幅にデザイン変更と質感を向上させてきたところはグッドポイントだと思います。

~新機能やリヤトランクのレイアウトをチェックしていこう~

改めてパンフレット内容を見ていくと、今回の新型ではオートブレーキホールドが採用されます。
ただ、これはグレードによって装備されたり装備されないというのがあり、エントリーグレード以外の「L」「Lターボ」では、「電子制御パーキングブレーキ」、「オートブレーキホールド(ホンダの軽初)」、「フロントスタビライザ」「運転席シートヒータ」が標準装備されるようになっています。

そしてその隣にあるのがリヤトランク。
今回の新型「N-WGN」では、リヤトランクに取外し可能なボード(パーティション?)付となる二段トランクという装備が新たに追加され、リヤシートの前後スライドはもちろんのこと、リヤシートを前に倒しても二段積載が可能になるとのこと(”カスタム”でも標準装備)。

こうした上下2段構造にすることで、シーンに合わせたアレンジが可能というのも非常に嬉しいですし、やはり今回のフルモデルチェンジによって新たに女性の客層を増やす考えが見られることから、ホンダの攻めの姿勢とあらた強いことに挑戦する意気込みが伝わる一台となっています。

あとは、チルト&テレスコピックハンドルですね。
今回のフルモデルチェンジにより、ステアリング調整が上下スライドのチルト(30mm)だけでなく、前後スライド(30mm)のテレスコピックも標準装備されます。
これに加えて、シートの高さ調整も50mm調整できるので、シートポジションの調整の幅が一気に広がりますね(この改良ポイントは最高!)。

~安全装備や新機能をチェックしていこう~

下半分のパンフレットを見ていきましょう。
前回のブログでも公開済みですが、今回のフルモデルチェンジによって新たに標準装備されるホンダ・センシング(Honda SENSING)の装備内容が充実化しています。

ちなみに、安全装備については、現行「N-BOX」に採用されている以下の「Honda SENSING」10種類に加えて、新たに3種類の安全機能が追加されます。
装備内容は以下の通り。

【新型「N-WGN」Honda SENSING装備内容】

衝突軽減ブレーキ(CMBS):前走車、対向車、歩行者と衝突回避を支援
誤発進抑制機能:不注意による急発進を防止し注意を喚起
歩行者事故低減ステアリング:歩行者との衝突回避を支援
路外逸脱抑制機能:車線を検知し、はみ出さないように支援
アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC):適切な車間を保ち、運転負荷を軽減
車線維持システム(LKAS):車線内を走行できるようにステアリング操作を支援
先行車発進お知らせ機能:停車時に、先行車が発進したことをお知らせ
標識認識機能:標識の見落とし防止を図り、安全運転を支援
後方誤発進抑制機能:不注意による急な後退を防止し注意を喚起
オートハイビーム:対向車や前走車を検知し、ハイ/ロービームを自動で切替え
[NEW]アダプティブクルーズコントロール(ACC)+渋滞時追従機能(完全停止対応)
[NEW]衝突軽減ブレーキ(CMBS)+横断自転車検知機能
[NEW]衝突軽減ブレーキ(CMBS)+無街灯歩行者認識

また上の安全装備以外にも、全グレード標準装備で狭い場所でのバックも安心できる「パーキングセンサーシステム」が搭載されるとのことです。

~新型「N-WGN Custom」のインテリアはかなり高級になる?~

最後は「N-WGN Custom」の外観とインテリアですね。
外観は前回も説明した通り、現行「N-BOX」譲りのヘッドライトとシーケンシャルウィンカーを採用。
インテリアは、先ほどのノーマルとは異なり、シートはブラックを採用し縁の部分にはレザーを採用した高品質なシートとなっていますね。

ちなみに、”カスタム”ではメーカオプション扱いとして「本革巻きステアリング」「レザー&ファブリックシート」が設定可能になるとのことなので、上のインテリアシートは標準装備されるシートではなく、オプションのシートということになりますね。

via:https://www.honda.co.jp/

こちらは現行「N-WGN Custom」のインテリアデザイン。
ほぼ全てブラックのカラーリングにて統一されていますが、ちょっとアクセントに欠ける部分があったように感じられますね。
こうして現行モデルのインテリアを見てみると、今回のフルモデルチェンジによって変更されたインテリアは相当に品質を高めた期待のできる内容だと思います。

☆★☆新型「N-WGN」グレード別価格帯・メーカオプション・主要装備・関連記事はコチラ!☆★☆

☆★☆新型「N-WGN」試乗感想・関連記事はコチラ!☆★☆

☆★☆新型「N-WGN」パンフレット・カタログ関連記事はコチラ!☆★☆

☆★☆新型「N-WGN」関連記事はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう