ホンダ「N-BOX(Nボックス)」のマイナーチェンジは2020年夏ごろ予定!安全装備も新型「N-WGN」以上、電動パーキングやオートブレーキホールドも追加!

2019-08-20

~まさかのこぼれ話。新型「N-BOX」に関する情報入ってきた!~

6月7日(金)にフルモデルチェンジ版を発表したばかりとなるホンダの新型軽トールワゴン「N-WGN(Nワゴン)」ですが、このモデルに関する価格やオプション、見積もり等を行うためディーラに訪問した際、ちょっとした雑談で次期「N-BOX(Nボックス)」に関する情報を入手。

ほんのちょっとしたこぼれ話程度ではありますが、2020年夏ごろにマイナーチェンジ版として新たに販売される予定とのことで、これによる変更点や追加機能、安全装備等もまとめてみました。
次期「N-BOX」を検討されている方は、是非とも参考にしていただけたらと思います。

スポンサーリンク

~新型「N-BOX」追加・変更情報を見ていこう~

エクステリア・デザインについて

まず、ノーマル仕様の次期「N-BOX」の外観についてですが、これについては今までと大きく変わらずに丸目タイプのフロントヘッドライトが採用されるとのことで、エントリーグレードはハロゲン、中間グレード以降はLEDヘッドライト(但し、デイタイムランニングライトはLED)になることは変わらないとのこと。

その代りとして、フロントグリルのデザインは一部変更されるとのことで、メッキ類はほとんど使用されないとのことですが、見た目はちょっとレトロな雰囲気に変更される可能性も?

一方のカスタム仕様となる次期「N-BOX Custom」ですが、こちらもフロントヘッドライトのデザインは大きく変更されないものの、やはりフロントグリルのデザインが変更されるそうです。
メッキも多用され、新型「シャトル」に近いデザインになるかもしれないとのことですが、この辺りは実車を見てみないとわからないところですね。

新機能・追加機能・安全装備について

続いて新機能についてですが、ここの変化はかなり大きくなる模様。
やはり新機能追加の基準は新型「N-WGN」にあるそうで、例えば「前席用i-サイドエアバッグ+サイドカーテンエアバッグ<前席/後席対応>」や「テレスコピック&チルトステアリング」、「運転席ハイトアジャスタ―」、「電子制御パーキングブレーキ」、「オートブレーキホールド機能」、「パーキングセンサーシステム」標準装備になる可能性があるとのこと。

▽▼▽関連記事▽▼▽

安全装備においても、こちらも新型「N-WGN」を基準にしつつ、加えて新型「N-WGN」にはない新たな安全装備が追加されるかもしれないとのことで、かなり期待値が高まっています。
ちなみに新型「N-WGN」では、以下の安全機能が標準的に装備されていますが、これだけでも十分すぎる内容ですね。

【新型「N-WGN」Honda SENSING装備内容】

衝突軽減ブレーキ(CMBS):前走車、対向車、歩行者と衝突回避を支援
誤発進抑制機能:不注意による急発進を防止し注意を喚起
歩行者事故低減ステアリング:歩行者との衝突回避を支援
路外逸脱抑制機能:車線を検知し、はみ出さないように支援
アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC):適切な車間を保ち、運転負荷を軽減
車線維持システム(LKAS):車線内を走行できるようにステアリング操作を支援
先行車発進お知らせ機能:停車時に、先行車が発進したことをお知らせ
標識認識機能:標識の見落とし防止を図り、安全運転を支援
後方誤発進抑制機能:不注意による急な後退を防止し注意を喚起
オートハイビーム:対向車や前走車を検知し、ハイ/ロービームを自動で切替え
[NEW]アダプティブクルーズコントロール(ACC)+渋滞時追従機能(完全停止対応)
[NEW]衝突軽減ブレーキ(CMBS)+横断自転車検知機能
[NEW]衝突軽減ブレーキ(CMBS)+無街灯歩行者認識

価格帯について

最後に気になる価格帯についてですが、これについての詳細は明らかになっていないものの、上の新機能や安全装備の充実化により、更に10万円程の値上げ(車両本体価格 約150万~約220万円)することは間違いないとのこと。

しかも、2019年10月から消費税が10%引き上げになるわけですし、これ以上価格アップしてしまうと軽自動車というよりはコンパクトー並みの価格帯となって、ますます車が買いにくくなる一方。
こういった難局をホンダはどのように乗り切るのか注目したいところです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう