アウディのEVモデルに早くも暗雲?!「e-Tron」全てに潜在的な火災リスクがあるとリコールを発令

~アウディのEVモデルに早く曇り気が…~

アウディの記念すべきオールエレクトリックモデル「e-Tron」に早くもリコール。
今回アメリカにて納車されている1,644台全てのEVモデル「e-Tron」に潜在的な火災の危険性があるとして、早急に対策措置を行っていくことを発表しました。

スポンサーリンク

~火災発生の原因はバッテリ・コンパートメントのシール性能~

アウディの説明によると、「e-Tron」に設けられているバッテリー・コンパートメントのシール性能が不完全(なぜ不完全となったかまでは不明)であるとして、そこに湿気が侵入してしまい、最悪の場合は短絡やサーマルイベントによって火災の原因を生み出す恐れがあるとのこと。

同社によれば、この原因による不具合や事故は発生していないものの、しかし早急に対処しなければ甚大なる被害を催すことにもなるため、「e-Tron」が納車されたオーナーのもとへと通知案内を順次送付しているとのこと。

ただ、対象となる台数が既に納車されている約540台と、残り1,104台が製造中にあるため、これらを全て対応するためには8月に持ち込む可能性があるようです。

電気自動車の火災事故と言えば、先日中国にてテスラ「モデルS」が原因不明の大爆発を起こしたために、電気自動車に対する危険性や警戒心が相当につよくなっていることは確実。

▽▼▽関連記事▽▼▽

EVの火災発生率については、ガソリンエンジンやディーゼルエンジンモデルに比べてまだまだ普及率が低いことから少ないものの、今後この問題をクリアしなければ続々と発生する可能性はありますし、アウディも同様のことがあればブランドイメージの失墜にもつながるため、しっかりと対策を行ってほしいところですね。

☆★☆直近のリコール関連記事10選はコチラ!☆★☆

フォルクスワーゲン「ザ・ビートル」にリコール。ブレーキ警告灯が付かない恐れアリ(2019/6/1投稿)
トヨタ「ヴィッツ」にリコール。リヤプライバシーガラスの破砕要件を満たしていない恐れアリ(2019/5/30投稿)
日産「エルグランド/ムラーノ」に9万超えの大量リコール。液圧低下で制動距離が長くなる恐れアリ(2019/5/23投稿)
ボルボ「V40/S60/V60/XC60/V90」に計2万台超えの大量リコール。排ガス基準を満たさない恐れアリ(2019/5/22投稿)
マツダ「アクセラ/マツダ3(Mazda3)」に約20万台の大量リコール。ワイパーが動作しなくなり、運転中の視界が悪くなる恐れアリ(2019/5/11投稿)
今度はメルセデスベンツにリコール4連発。「Cクラス/Eクラス/Sクラス」にECUや前照灯に不具合アリ(2019/4/25投稿)
メルセデスベンツ「Aクラス/Bクラス/Cクラス/Eクラス/Sクラス」等の61車種・計約24,000台に大量リコール。ECU不具合で排ガス基準を満たさない恐れアリ(2019/4/24投稿)
内容はもちろん不正検査。スズキ「ワゴンR/ハスラー/アルト/スペーシア/ジムニー/イグニス/スイフト」等の全17車種・計約177万台に大規模リコール(2019/4/18投稿)
アウディがリコール2連発。「A3/A6/A7/A8/S3/S4/S5/Q7」にヘッドレストや燃料パイプに不具合アリ(2019/4/17投稿)
スバル「レガシィ」に3万台超えの大量リコール。コンビメータの回路が不適切で火災発生の恐れ→既に14件の火災発生済み(2019/4/12投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう