トヨタ・新型「センチュリー(Century)」見てきた!まさに豪華な和製ロールスロイス、先代技術とデザインを継承する日本の伝統工芸品のようだ

~大注目の新型「センチュリー」を見てきた!~

先日、ひょんなきっかけでトヨタのフラッグシップセダンモデル・新型「センチュリー(Century)」を拝見することに。
昨年の2018年6月に約21年ぶりにフルモデルチェンジを果たした新型「センチュリー」ですが、その姿とオーラはまさに皇族公用車両にふさわしく、匠の技と高品質なものづくりをしっかりと受け継いだ一台だったと思います。

スポンサーリンク

~新型「センチュリー」はスタイリッシュながらもとにかくデカイ!~

今回拝見した新型「センチュリー」の車両本体価格は、トヨタのラインナップモデルでも圧倒的に高額となる1,960万円からとなり、ボディカラーはシンプルなブラック、メーカオプションには「リヤドアカーテン&電動式バックウィンドウカーテン」(+162,000円)を設定したシンプル仕様となっています。

全体的にレトロチックなデザイン性を残したデザインとなっていますが、真っ先に感じたこととしては「やっぱデカいなぁ」というのが正直なところ。

それもそのはず、車体サイズは全長5,335mm×全幅1,930mm×全高1,505mm、ホイールベース3,090mmと欧州フラッグシップモデル顔負けの大型サルーンとなるわけですし、”和製ロールスロイス”と呼ばれてもおかしくないほどの存在感ですね。

パワートレインについては、前世代のV型12気筒自然吸気エンジンからのダウンサイジングとして、排気量5.0L V型8気筒自然吸気エンジン+電気モータのハイブリッドエンジンを搭載。
システム総出力としては431psを発揮し、燃費はJC08モードで13.6km/Lとなります。
なお、車体重量は欧州フラッグシップサルーン並みの重さとなる2,370kgですが、そこまで重量感があるのか?とちょっと疑ってしまう程にスタイリッシュなんですよね…

こちらはフロントグリルデザイン。
「センチュリー」の象徴でもある「鳳凰」の周りにあるグリル奥には、七宝文様を配置することで、”品位ある華”を表現しているのだとか。
しかも、このデザインはクラフトマンシップ技術によって仕上げられたものでもあるため、工数も相当に掛かっているとのこと。

部分的なスタイリングやデザインを見ていくと、先代「センチュリー」とあまり変わらないようにも見えますが、こうしたパッと見ではわからないように”大きく”変化を加えているところも、トヨタの隠れた技術が詰まっていますね。

ちなみに、こちらは無数のシングルスポークが配置された高級感溢れるホイールですが、センターキャップの”鳳凰”は、職人の手作業にて彫刻されているため、納期も相当に長いと言われています(デザイン性を問われているところはほとんど手作業)。

リヤデザインも大きな変化は加えなくとも、リヤテールランプが大きく変更され、その他のリヤエンドの張り出しやシルバー塗装のアンダーパーツ等も、先代の味をしっかりと残すことで懐かしさを与えています。

~気になるインテリアは?~

そしてこちらがインテリア。
シートデザインはこちらのライトグレーのみとなっていますが、シートの座り心地は非常にフカフカ。
肌触りとしては欧州車両の本革レザーに近いような感覚です。

ちなみに、新型「センチュリー」のインテリアにはクラシックなスタイルとウッドトリム、ウール/レザーシート、プレミアムオーディオシステム、読書灯、ライティングテーブル等が全て標準装備となっています。

新型「センチュリー」は、クラシカルなオールドスタイルとモダンな調和はそのままにするも、トヨタの先進的な技術を駆使した「トヨタ・セーフティ・センス」を搭載し、ブラインドスポットモニターやパーキングサポートアラート、新開発となるエアバッグ連動型のヘルプネットサービス、そして車両が事故した際にその車両の重症度を見て、ドクターヘリ等を早期的に出動させる「C-Call Net」も標準搭載されています。

☆★☆新型「センチュリー」関連記事3選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう