スズキ・新型「ジムニー」がインド工場でも製造するとの噂。度重なる長納期解消と中東・アフリカ市場への輸出向けが目的に

~「ジムニー」人気はまだまだ拡大していきそう~

日本市場や欧州市場において大きな成功を収めているスズキのオフロード四輪駆動モデル「ジムニー/ジムニー・シエラ」。
日本市場においては、発売当初のような2年以上の長納期は解消されたものの、まだまだ納車が追いついていない状況にあり、加えて欧州市場においても1年以上の納期が続いているとのこと。

そんな中、このモデルについてスズキは2020年より静岡の湖西工場以外に、インドの工場でも製造を開始する可能性があるとして、これ以上の長納期を引き起こさないために中東・アフリカ市場への輸出向けとして「ジムニー・シエラ(海外ではジムニー)」の生産ラインが追加されるかもしれないとのことです。

スポンサーリンク

~標準装備でも充実した内容を見せる「ジムニー」。スペック等もほぼほぼ明らかに~

今回、インド市場において「ジプシー(Gypsy)」の後継モデルとして「ジムニー」が登場・販売される計画が進められているとのことですが、以前よりインド市場での小型3ドアSUVの需要は低い傾向にあるとのことで、「ジムニーも同じように売れないんじゃないか?」ともいわれていますが、「ジムニー」に関しては充実したコストパフォーマンスと高い走破性から、既に注目の対象になっているとのこと。

気になる外観についてですが、こちらについては「ジムニー・シエラ」同様に丸目のフロントヘッドライトと四角いボディライン、オーバーフェンダーを装着したホイールアーチ、そして上位グレードにて装着される15インチアルミホイール等、標準でも充実した装備内容となった一台。

パワートレインについては、排気量1.5L K15B型直列4気筒エンジンを搭載し、最高出力102ps/6,000rpm、最大トルク130Nm/4,000rpmを発揮。
トランスミッションは5速MT/4速ATのいずれかから選択が可能となっています。

なおインテリアにおいては、Apple CarPlay/Android Auto、Sat-navをサポートするボッシュ製SmartPlayインフォテイメントユニットを搭載し、安全性においてはデュアルSRSフロントエアバッグやEBD付ABS及びブレーキアシストシステム(BAS)、ISOFIXチャイルドシートマウント、車両安定制御、ブレーキ対応リミテッドスリップディファレンシャルシステム、そしてオールグリップ・プロ・パートタイム4WDシステムが搭載されます。

価格帯については明らかにされていませんが、恐らく100万円台にて購入できるのではないかと推測しています。

☆★☆スズキ「ジムニー」関連記事はコチラ!☆★☆

Reference:IndianAutosBlog

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう