フロントはBMW、リヤはレクサス感満載となる韓国仕様モデル・起亜「K7 Premier」がフェイスリフトで登場【動画有】

~韓国・起亜からまたまた模倣モデルが登場~

韓国の自動車メーカである起亜(Kia)が、韓国市場専売モデルとなる「K7 Premier」のフェイスリフトモデルをワールドプレミアしました。
今回発表された個体は、第2世代となる「Dadenza/K7」の発売スタートから僅か3年でフェイスリフトとなり、フロント・リヤのデザイン性を高級志向へと大幅に変更しています。

具体的には、起亜のアイデンティティともいえるタイガー・ノーズグリルがより強調され、先代に比べて”BMW”っぽいフロントデザインへと変更されていますね。
更にフロントヘッドライトも、より複雑化したLEDヘッドライトとLEDデイタイムランニングライトが設けられたことにより、高級感とスポーティ感、そしてBMW感が加味されたユニークな一台となっていますね。

スポンサーリンク

~リヤデザインはBMWではなくて…?~

リヤデザインはこんな感じ。
リヤテールランプは”Z”をモチーフにしたスタイリッシュなデザインとなっていますが、遠目から見たらレクサスっぽいL字型のリヤテールランプっぽいデザインへと変化していますし、更にアウディのような直結に近いセンターストリップを採用していますね。

またリヤエキゾーストマフラはダミータイプのフィニッシャが装着され、更にその内側に下向きのエキゾーストパイプがインストールされています。

インテリアもかなり高級感に溢れたデザインに仕上げられていますね。
インストルメントクラスターはフルデジタル仕様に変更され、タッチスクリーンタイプのインフォテイメントシステムも12.3インチと非常にワイドになっています。

フェイスリフト前はアナログ時計が設けられていましたが、今回の変更により排除されされています。
またセンターコンソール周りも非常にシンプルでスタイリッシュに進化し、オーナメントパネルもピアノブラック調で高級感が加味されています。

パワートレインについては、排気量2.5Lと3.0Lの直噴ガソリンエンジンがラインナップされる予定ですが、詳細スペックは不明。価格帯もまだ明らかにされていませんが、韓国の富裕層には人気の高い一台になるのではないかと思われます。

【유지태와 K7 Premier가 함께한 어느 멋진 날 | ONE FINE DAY】

【K7 Premier 탄생 | 새로운 차원의 프리미엄 (30”)】

【K7 Premier 탄생 | 새로운 차원의 드라이빙 (30”)】

☆★☆韓国・起亜関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう