フルモデルチェンジ版・日産新型「ジューク(Juke)」の開発車両再び。国内ディーラでもそろそろ詳細資料が配布される?

~新型「ジューク」はこれまでと違って間違いなく人気の出る一台になる~

今秋よりいよいよフルモデルチェンジ版として新たに登場予定の日産・新型「ジューク(Juke)」ですが、またまた開発車両が目撃されています。
新型「ジューク」は、ルノー&日産が共同開発を進めたCMF-Bプラットフォームが採用されることになり、既にルノー・新型サブコンパクトモデル「クリオ」にも採用されているスポーティで剛性と品質を高めたアーキテクチャとなります。

外観においては、今まで酷評されてきたフロントヘッドライトやデイタイムランニングが一新され、デザイン言語としては三菱「エクリプス・クロス」のような細長い釣り目のLEDデイタイムランニングライトを採用し、フロントヘッドライトは丸型、そしてその下には丸型と思われるフロントフォグランプを採用するものと思われます。

フロントグリルは、日産のアイデンティティともいえるVモーショングリルを採用し、メッシュグリルも拡大することでスポーティさに加えてエンジン冷却効果を向上。
デザイン性においては、現行「ジューク」に比べて非常に鋭くスポーティに仕上げられることになるため、間違いなく人気の出る一台になるのではないかと思われます。

スポンサーリンク

~スタイリングやデザイン性もスポーティ感と高級感を追求~

スタイリングにおいては、トヨタ「C-HR」のようなコンパクトクロスオーバーとなり、傾斜したルーフやスマートなショルダーライン、Cピラー上に設けられたドアハンドル等、スタイリッシュさを追求するために無駄な部分を排除する姿勢が見られます。

リヤデザインも大きく変更されそうですね。
日産「キャッシュカイ」のようなブーメランタイプのリヤテールランプが搭載されることがわかっていますが、ボディラインも非常に引き締まりのある筋肉質な感じが印象的です。

気になるパワートレインについてですが、これは以前の記事同様にCMF-Bプラットフォームは内燃機関モデルのみに留まらず、ハイブリッド(HV)やプラグインハイブリッド(PHV)、そしてオールEVといった電動パワートレインを搭載することが可能となっているため、韓国自動車メーカである起亜「e-Niro」やヒュンダイ「コナEV」といったEVモデルのライバルも視野に入れて開発が進められているとのこと。

そして今回新たに登場する新型「ジューク」においても、どうやらPHVモデルをラインナップする可能性が高く、パワートレインも排気量1.6L 直列4気筒エンジン+電気モータ、容量9.8kWhのバッテリー(バッテリーのみでの航続距離30km)を組合わせるといったかなり詳細な情報も明らかになっているようです。

その他マイルドハイブリッドモデルもラインナップする予定で、排気量1.0L 直列3気筒ターボエンジンと、排気量1.5L dCiディーゼルエンジンの既存の2種類のエンジンを流用し、ハイエンドグレードにおいては四輪駆動もラインナップする予定となっています。

~ディーラでの資料確認はいつ頃確認できる?~

そして最も気になるのが日本市場での販売時期やディーラでの資料配布(スタッフマニュアル)についてですが、これについてはまだディーラでの配布は行われていないものの、おそらく7月頃には届くのではないか?との情報が入ってきています(明確な販売時期は未定)。
これについては資料が入り次第、すぐに当ブログでも反映させていく予定ですが、一体どのような仕様となるのか、どのようなデザインで登場してくるのか非常に楽しみですね。

☆★☆「ジューク」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう