何これカッコいい!ケーニグセグの特別ワンオフモデル「ジェスコ・チェリーレッド・エディション(Jesko Cherry Red Edition)」が登場

~「ジェスコ」に何やら高そうなオプションが登場したようだ~

今年のスイス・ジュネーブモーターショー2019にて、ケーニグセグが世界限定125台のみ発表したハイパーカー「ジェスコ(Jesko)」ですが、このモデルをベースにした特別ワンオフモデル「チェリーレッド・エディション(Cherry Red Edition)」が世界初公開されました。

今回発表されたオプションは、ラグジュアリー&エクスペンシブと呼ばれるコーチビルダーによってカスタムされたワンオフモデルで、外観はグロス仕上げのフルレッドカーボンとブラックのカーボンにて仕上げられたメリハリのある一台となっています。

スポンサーリンク

~一切隙を見せない究極のハイパーカー、レッド好きにはたまらないオプションだ!~

その他の特徴的なポイントとしては、足元にはカーボンファイバ製ホイールを装着し、フロント6.7kg・リヤ8.4kgととにかく軽量。
これにより、車体重量は1,320kg以下とコンパクト乗用車並みの軽さを実現しています。

インテリアは公開されていないものの、エアコンやモダンなインフォテイメントシステム、セットアップ可能なシート&ステアリングホイール、レザーもしくはアルカンターラ仕上げのインテリアトリム等、細かいパーツのオプション設定が可能になっています。

パワートレインは、従来の「ジェスコ」と変わらない排気量5.0L V型8気筒ツインターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力1,280psを発揮しますが、E85燃料を使用することにより最高出力1,600ps/最大トルク1,500Nmを発揮します。
価格帯については、車両本体価格のみで約2.9億円となっていますが、恐らくこのチェリーレッド・エディションも設定すれば最低でも3.2億~3.5億円ぐらいになるのではないかと思われます。

☆★☆「ジェスコ」関連記事4選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう