BMW・新型「8シリーズ・グランクーペ」が発表前にリーク!キドニーグリルはかなり控えめ、最もバランスのとれた最上級4ドアクーペに

~「M8」に続き「8シリーズ・グランクーペ」もやっぱりリーク~

BMWのフラッグシップモデルで唯一のエントリー4ドアクーペとして登場する「8シリーズ・グランクーペ(8 Series Gran Coupe)」が、6月末よりいよいよ世界初公開されるはずが(発売は9月)、その前にまさかのリーク。

今回公開された画像は、Auto ExpressとBMW Blogによって投稿されたもので、鋭くもアグレッシブなフロントヘッドライトと、新型「7シリーズ/X7」とは対照的な控え目なキドニーグリルが搭載されたスタイリッシュな一台となっています。

スポンサーリンク

~「8シリーズ」の派生版ながらも最もバランスのとれた一台に~

その他においては、ちょっと変わったデザインとなるフロントフェンダーの通気口や、クーペに近い4ドアセダンスタイル、フロントオーバーハング短めのロングホイールベース、後席へのアクセスを考慮した長めのリヤドア、そしてアクティブなサイドスカートを確認することができます。

リヤデザインも一部明らかにされ、「8シリーズ」より継承される細いリヤテールライトやリヤダクト、更に筋肉質なリヤスポイラーやデュアルエキゾーストシステムの確認も可能に。

インテリアはハッキリと見えませんが、恐らく3スポーク式のステアリングホールを装備し、センターには12.3インチのデジタルインストルメントクラスター、メタリックなアクセントと10.25インチのインフォテイメントシステムの採用も期待されています。

パワートレインについては、これまで登場してきた「8シリーズ・クーペ/コンバーチブル」からキャリーオーバーされた排気量3.0L 直列6気筒ディーゼルターボチャージャーエンジン(最高出力320ps/最大トルク680Nm)の「840d」と、排気量4.4L V型8気筒ツインターボエンジン(最高出力530ps/最大トルク750Nm)の2種類がラインナップされると思われます。

☆★☆「8シリーズ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう