福岡マンションの受水槽(貯水槽)に泳いでた人物は本当に”ゆうき”本人?なぜ受水槽に入ったのか?マンションの住所と名称も完全特定【動画有】

~受水槽遊泳の炎上動画にちょっとした進展が~

さて、以前より注目が集められている福岡県糟屋郡志免町にあるマンションの受水槽(貯水槽)にて泳ぐ男性2人の炎上動画について。
既にどういった人物が受水槽に入ったのか、どこのマンションの受水槽に入ったか等の情報が展開されていますが、そもそもどうして受水槽に入ったか等の情報も徐々に明らかになってきています。

まず、どこのマンション(アパート)の受水槽に入ったのか?という点ですが、 住所は福岡県糟屋郡志免町片峰1の「D-roomS K」と呼ばれる建物で、JR香椎線/酒殿駅から徒歩33分、福岡市地下鉄空港線/福岡空港駅からバスで15分、片峰新橋下車して徒歩4分のところとなります。

2018年9月に建設されたばかりの非常に新しい賃貸物件となりますが、素晴らしい建物が建てられた裏で、こうしたけがらわしいことが行われていたのだと考えると、アパートの住民は憤りを覚えるのは無理もありません。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~受水槽にて遊泳している人物らは業者の可能性が高い~

今回拡散されている受水槽での遊泳動画では、撮影する男性1名と受水槽内を覗く男性1名、そして受水槽内にて遊泳する男性2名の計4名ということで、しかも彼らは大手「大和ハウス工業」の委託作業員の一員であることがわかっていて、悪びれたそぶりも無くこうして住民が飲む飲料水に入り込むと言うのはとんでもないことでもありますね(もちろん設備業者にも大きな責任を問われる可能性は高い)。

~特定された「ゆうき」は本当に黒パンツを履いた男性なのか?~

ちなみに、今回の受水槽内にて遊泳する人物が「ゆうき(yuuki)」であると特定されていますが、このゆうきという男性が、受水槽内に入っていた黒パンツを履いた男性なのか、それとも撮影者本人なのかは一切明らかにされていません(これについては詳しい調査が進められているところ)。

~そもそもどうして受水槽に入り込んだのか?SNSに投稿した目的は?~

そして今回、どうして彼らが受水槽内に入り込んでしまったのか、どうして拡散されるリスクの高いSNS(TikToK)に投稿したのか?という点に関してですが、これについては2018年9月に委託作業員らが点検・清掃前に槽内の飲料水を全て排水する準備を行っていたとのことで、その前準備の際に「どうせ排水して清掃やメンテナンスするんだから泳いでも良いんじゃね?」という安易な考えで入り込んだ可能性がありそう。

そして、こうした動画を撮影した意図としては、おそらく面白半分で撮影したことが第一で、常識人から外れたようなリスクある行為を”敢えて楽しむ”ために撮影し、そして再生数稼ぎを目的として投稿した可能性があるかもしれません。

いずれにしても、メンテナンス前や清掃前、住民が飲むことの無い水であったと仮定しても、こうした動画を投稿することで住民に誤解と不安を与え、更には全国民から怒り(呆れ)を買うような大問題へと発展したことは間違いないわけで。
今となってはこの動画も拡散され、取り返しのつかない状況になっていますが、逮捕されてもおかしくない状況ですし、動画撮影・SNSにアップすることを後悔しても遅い案件だと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう