これマジか…世界限定106台のみ、約2.4億円もするマクラーレン「スピードテイル(Speedtail)」の開発車両から突然炎上・発煙【動画有】

~未だ納車していない「スピードテイル」のテストカーが炎上・発煙のトラブル~

マクラーレンが世界限定106台のみ販売した、「F1」の後継モデルとなるアルティメットシリーズ・3シータハイブリッドハイパーカー「スピードテイル(Speedtail)」の開発車両にトラブルが発生しています。

今回目撃されているシルバーカラーの「スピードテイル」ですが、リヤミドシップのエンジンベイあたりから火災・発煙が発生し、急きょ車内にあった消火器にて消化活動を行っているところが撮影されています。

スポンサーリンク

~以前の「セナ」同様にエンジン関係に不具合アリ?~

「スピードテイル」のパワートレインは、排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジン+電気モータを組合わせたハイブリッドシステムを採用し、システム総出力1,036hpを発揮するハイパワーモデルとなります。

恐らく今回炎上した原因は、エンジンもしくはバッテリ関係が起因しているのではないかと推測しますが、マクラーレンの炎上事故といえば、以前人気ユーチューバーのサロモン(Salomondrin)氏が所有していた世界限定500台のみのアルティメットシリーズ「マクラーレン・セナ」のエンジンベイから大きな火災が発生していたため、これと同じ火災要因の可能性もありそう(しかも同じエンジン)。

▽▼▽関連記事▽▼▽

いずれにしても、納車前にこうしたトラブルが発生するというのは非常に問題であるため、マクラーレンとしても早急の対策を取っていく必要がありそうですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

$2.25M McLaren Speedtail catches Fire. 🔥😱 By Richard Monk #SupercarFails

Supercar Failsさん(@supercar.fails)がシェアした投稿 –

☆★☆「スピードテール」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう