【最新情報!】フルモデルチェンジ版・日産の新型「デイズ・ルークス(Dayz Roox)」は2020年3月に発売へ。デザインや安全装備はどうなる?

~待望の新型「デイズ・ルークス」が2020年3月に登場!~

via:http://www.nissan.co.jp/

2019月3月末に、日産と三菱の共同開発にて新しく生まれ変わったコンパクト軽モデル・新型「デイズ」ですが、このモデルをベースにした軽スーパーハイトワゴン「デイズ・ルークス(Dayz Roox)」が2020年3月に発表・発売されることが明らかとなりました。

先日、メンテナンス絡みでいつもお世話になっている日産ディーラに訪問した際、フルモデルチェンジ版・新型「デイズ・ルークス」に関する情報を一部提供いただきました。
とりあえず発表・発売日は新型「デイズ」のちょうど1年後となる2020年3月で決定だそうで、これに併せてデザイン性や安全装備内容についてもヒアリングしてきましたので、早速以下にまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

~新型「デイズ・ルークス」の外観はどうなる?~

今回2代目として新たに登場する新型「デイズ・ルークス」ですが、新型「デイズ」同様に三菱との合弁企業であるNMKVによって開発が進められるとのことで、その開発主体となるのが日産となっています。

via:http://www.nissan.co.jp/

まず、気になる外観についてですが、これについては新型「デイズ」がベースになるとのことで、フロントのVモーショングリルがより強調され、更にはノーマル仕様とハイウェイスター(Highway STAR)仕様でそのデザイン性とスポーティ性も大きく変化してくるようです。

さすがに新型「デイズ」と全く同じフロントフェイスになるわけではありませんが、Vモーショングリルの面積がより一層大きくなる一方、車高も現行モデルより少し低く設定されることで重心を下げ、走行時の安定性を強化するとのこと。

~インテリア・デザインはどうなる?~

via:http://www.nissan.co.jp/

続いてはインテリアについて。
コチラも新型「デイズ」同様に最大9インチのナビゲーションディスプレイが設定可能で、併せてエアコンのタッチディスプレイもドーナツ型からC字形状に変更され、すぐさま任意の風量に調整できるように改良されるとのこと。

via:http://www.nissan.co.jp/

現行「デイズ・ルークス」のインテリアはこんな感じですが、全体的にインパネが中央よりも下側に集中しているように感じられますね。
タッチパネル等を一つ一つ大きくすることで操作性を向上させていたとのことですが、その影響もあってパネル類が下側に集中してしまい、顔が下向き(脇見)になって運転に支障を来すという問題がありました。

新型では、そういったスイッチ類を上手く集約させることで、なるべく顔が下向きにならないように改良しているとのこと。

~安全装備はどうなる?~

最後に安全装備については、現行「デイズ・ルークス」よりも更に充実し、これもやはり新型「デイズ」とほぼ同じ装備内容になるとのこと。
ただし、車間と車線をキープするようなプロパイロットシステムやSOSコール(ヘルプネット)はさすがにオプション扱いになるそうで、特にプロパイロットシステムはターボモデル限定のメーカオプションになるのではないか?と言われています(この辺りは未確定)。

ちなみに、新型「デイズ・ルークス」に搭載される上記を含めた安全機能・先進技術の装備内容一覧は以下の通りですが、それら以外にも新たに装備されるかもしれない先進技術があるかもしれないとのことで、これについてもかなり注目が集められているそうです。

【新型「デイズ・ルークス」安全機能・先進技術の装備内容一覧】

・プロパイロット・システム
・SOSコール(ヘルプネット)
・ヒルスタートアシスト
・オートブレーキホールド
・電動パーキングブレーキ
・インテリジェント・アラウンドビューモニター
・ハイビームアシスト
・インテリジェント・オートライトシステム
・コンフォートフラッシャー
・踏み間違い衝突防止アシスト
・インテリジェント・エマージェンシーブレーキ
・インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)/LDW(車線逸脱警報)
・エマージェンシー・ストップシグナル

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう