【価格は約63.8万円から】スズキ・新型「アルト」に新グレード”CNG”追加!何と排ガス規制に準拠してパワーを任意で調整可能に

~どうやらマルチ・スズキの快進撃は止まらないようだ~

インド市場において、マルチ・スズキが排ガス規制を考慮した排気量1.2Lの新型エンジンを搭載する新型「スイフト(Swift)/イグニス(Ignis)/ワゴンR(Wagon R)」を立て続けに発売していましたが、今回はそれとは異なる全く新しいグレードの「アルトCNG(Alto CNG)」を発売スタートしたことがわかりました。

スポンサーリンク

~排ガス規制を考慮してパワーを任意で調整できる優れものに~

今回マルチ・スズキが販売する新型「アルトCNG」は、中間グレードとなるLXiとLXi(O)をベースにしたモデルで、排気量800cc F8D型の直列3気筒エンジン(BS4)を搭載し、最高出力48ps/最大トルク69Nmを発揮する控え目なモデルなのですが、これを更に控え目にし、排ガス規制に準拠するだけでなく燃費にも貢献できるように最高出力41ps/最大トルク60Nmに任意でパワー調整することが可能とのこと。

もちろん、排気量1.2L K12型の直列4気筒エンジン(BS6)を搭載したCNGバージョンもラインナップされる予定なのですが、これについては今のところどれだけのスペックとなるかは明らかにされていないとのこと。

トランスミッションについては、いずれのエンジンも5速MTのみがラインナップされる予定となっています。

インテリアについては、パワーステアリングやエアコン、フロントパワーウィンドウ、シルバーアクセントトリム、格納式リヤシートベルト&リヤチャイルドロック、リモートブート、フューエルリッドオープナー等も採用されるとのこと。
なお、LXi(O)グレードに関しては助手席側エアバッグが搭載されていますが、一方のLXiは搭載されていないようです。

「アルトCNG」の気になる価格帯ですが、LXiグレードは約63.8万円から、LXi(O)は約64.3万円からの発売となります。

☆★☆スズキ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:IndianAutosBlog

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう