維持費は「ジムニー/Gクラス」よりも安い?!ハマーからEVオフロードモデルが販売されるとの噂が浮上

~あのハマーが電気自動車に?!~

アメリカの自動車メーカであるゼネラル・モーターズ(GM)のSUVブランド・ハマー(Hummer)といえば、超大型ボディに大排気量エンジンを搭載した維持費完全無視(ガソリンタンク100L以上)の一台でも有名ですが、このブランドに関してブルームバーグの情報によると、タフでオフロード志向の強いEVモデルが登場するかもしれないとの噂が浮上しているとのこと。

スポンサーリンク

~GMとの共同開発でピックアップトラックの可能性も?~

これに関して、ブルームバーグの取材陣がハマーのマーケティング担当者と接触したところ、「H1/H2」のようなレトロチックな見た目を持ちつつも、ボンネット下(おそらく床下)にはリチウムイオンバッテリを搭載したクリーンなオフロードモデルが登場するかもしれず、それでいてオフロードモデルに必要とされる悪路での走破性を持ち合わせたパワフルな一台になることが予想されると説明しています。

もちろん、確実に市販化するかまでは不明ですが、その一方でGMとの共同開発により、フルエレクトリックピックアップモデルの市販化の可能性も浮上していて、これについては「F-150」の派生版が予想されている一方、ハマーブランドとして販売するのであれば、3ナンバークラスのサイズではなく1ナンバーレベルの超大型モデルとして登場することが予想されるでしょうね。

~維持費だけを見たら「Gクラス/ジムニー」よりも安価になる可能性も~

なお先述にも挙げた通り、ハマーといえば大排気量V型8気筒エンジンを搭載し、燃費を一切気にしないのが特徴的だと思いますが、フルエレクトリックモデルともなれば、エンジンを搭載しないことはもちろんのこと、あの”ドロドロ”として排気音、そしてガソリンを一切消費しない電気のみでの走行を可能とするのであれば、維持費はとんでもなく安くなるでしょうし、同じオフロードモデルとなるメルセデスベンツ「Gクラス」はもちろんのこと、スズキ「ジムニー」よりも維持費のかからない安価な一台となりそうですね(その変わりイニシャルコストはとんでもないと思いますが…)。

【ハマーH2 ガソリン満タンにしたら衝撃の金額だった【これぞアメ車】Hummer H2】

☆★☆ハマー関連記事3選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう