ルノー・新型「カングー(Kangoo)」の開発車両が登場!まさかのPHVもしくはフルエレクトリックモデルとして登場か?

~遂に「カングー」もフルモデルチェンジへ~

ルノーのコンパクトMPVモデルとなる「カングー(Kangoo)」と思われる開発車両がキャッチされています。
今回目撃されている新型「カングー」を確認していくと、カモフラージュはかなり分厚めであることが確認できるものの、スタイリングはレトロチックな箱型ではなく、丸みを帯びながらも、そのボディサイズはフォルクスワーゲン「キャディ」やフォード「トランジット・コネクト」のようにサイズアップする可能性が高そうですね。

またフロントエンドのデザインを見てみると、ライトやグリル周りにはブラックのテーピングにて偽装されていますが、もしかすると新型「キャプチャー/メガーヌ/クリオ/コレオス」といったC字形状のLEDデイタイムランニングライトが採用されることも十分に考えられます。

スポンサーリンク

~新型「カングー」はPHVもしくは電気自動車の可能性も~

現時点では確認できていませんが、新型「カングー」では、プラグインハイブリッド(PHV)もしくはフルエレクトリックモデルとして登場する可能性があるとのことで、(左フロントフェンダーでは見られないものの)右フロントフェンダーに充電用のコネクトが設けられている可能性がありそうですね。

リヤデザインはこんな感じ。
とりあえずカモフラージュカバーが隅々まで被せられていて、かなり厳重。
ちなみにリヤマフラがインストールされていないことが確認できますが、これでより一層にフルエレクトリックモデルの可能性が濃厚になってきましたね。

サイドのスタイリングはこんな感じ。
ルーフレールが設けられていて、いかにもアウトドアを意識したスタイリングとなっていますが、もしこのモデルのコンセプトがアウトドア系であればPHVモデルの可能性も十分にあり得ると思います。

☆★☆ルノー関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう