フルモデルチェンジ版・トヨタ次期「アクア」の販売時期は2021年夏ごろ予定。エンジンは1.5L直3ハイブリッドを継続し、待望の四輪駆動(AWD)モデルも?!

~年内フルモデルチェンジと噂された新型「アクア」。本当はいつ販売されるの?~

via:https://response.jp/

以前より噂されていた、トヨタの主要コンパクトハイブリッドモデル「アクア」が、今年12月にフルモデルチェンジする?という情報ですが、どうやら自動車雑誌・ベストカーの情報によればその可能性は確実に無く、早くとも2021年夏ごろに予定されているとのこと。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~既に次期モデルに関する詳細も明らかに~

既に色々と噂されているフルモデルチェンジ版・新型「アクア」についてですが、基本となるプラットフォームについてはTNGA・B(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)が採用されることは確実であり、これによりホイールベースは約50mm程延長されるとのことで、居住空間の快適度が向上し、何かと不満の多かった後席のレッグスペースも大幅に改善されるとのこと。

また、上のResponseが作成した予想レンダリングより、フロントフードからAピラーにかけての傾斜は非常に滑らかになり、ワンモーションで描かれるような丸みを帯びたボディと、フロントフードの張り出しが強調されたスポーティな一台になるとのこと。

一方で気になるのがパワートレインですが、これについてはどうやら現行同様に排気量1.5L 直列4気筒エンジン+電気モータのハイブリッドエンジン(最高出力105ps/最大トルク135Nm)が採用される予定で、その燃費性能も45km/L付近にまで到達する?と期待されています。

駆動方式については、現行「アクア」は前輪駆動(FF)のみがラインナップされていますが、次期モデルでは待望の四輪駆動(E-Four)がラインナップされる予定とのことで、雪道でも安定した走りを提供できる一台として期待が高まっています。

安全装備面においても、車線の中央を走行するために必要なハンドル操作をサポートする「レーントレーシングアシスト」や、先行車や対向車に光が当たらないように一部分だけ光を遮ることができる「アダプティブハイビームシステム」、衝突回避支援もしくは被害の軽減をサポートするための「レーザーレーダー」、そして謎の追加機能となる「ローンサイドアシスト」といった最新世代のトヨタセーフティセンスが標準装備されるかもしれないとのことで、これについても大きな期待が寄せられます。

☆★☆関連記事2選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう