エントリークロスオーバーでこの完成度!プジョー・新型「2008」が遂にデビュー!デザインも一新しインテリアも高級感満載!

~突如として新型「2008」が世界初公開!~

以前、プジョーのエントリーハッチバックモデル・新型「208」がデビューしましたが、今回はその派生版となるエントリークロスオーバー・新型「2008」が世界初公開されました。

今回のフルモデルチェンジにて2代目を迎える新型「2008」ですが、新型「208/508」同様に新たなデザイン言語となるであろう牙を設けたようなフロントLEDデイタイムランニングライトを採用し、より一層のアグレッシブさと高級感を加味。
ボディサイズも、プラットフォームを一新することで少し拡大し、ホイールベースも140mm延長されることで室内空間も大きく改善されています。

スポンサーリンク

~全体的にスポーティながらも実用性も考慮した最強のエントリーモデル~

リヤテールライトに関しても、新型「208/3008/5008/508」に採用の3本の鉤爪のようなデザインを採用し、いかにもスポーティなクロスオーバーモデルを演出。

インテリアにおいては、「208/508」同様に先進的なレイアウトを採用し、ステアリングは非常にスポーティなフラットボトムスタイル、運転席側のインフォテイメントシステムと上手く並んだ大型インフォテイメントディスプレイを採用。

特にセンターディスプレイについては、ドライバの操作性を考慮して若干運転席側に向けられています。こうした工夫はトヨタ「C-HR」やレクサス「UX」でも行われていて、操作性が大幅に向上するとのこと。

そしてセンターに集約されたピアノキーも健在。
こちらはトグルスイッチではなく、敢えてピアノタイプにすることで高級感とアンティーク感が加味されています。

センターコンソールはこんな感じ。
BMWに類似したセンターシフトノブを持ち、更に手前にはパーキングレバーが設けられています。このことから、新型「2008」はエントリークロスオーバーでありながらも、電動パーキングブレーキを装備していることがわかります。

また先述にもある通り、今回ボディサイズが若干大きくなったことで、後席のフットスペースを拡大。膝先がフロントのシートバックに接触すると言った問題も解消され、非常に快適な室内空間が提供されています。
また、トランク容量も434Lも準備されているため、ゴルフバッグを容易に積むことも可能になっています。

~グレードは4種類、エンジンもガソリンとディーゼルをラインナップ~

なお、新型「2008」では、”アクティブ/アリュー/GT Line/GT”の4グレードがラインナップされる予定で、燃料タイプはガソリンとディーゼルの両方がラインナップ。
※オールエレクトリックモデルとなる「e-2008」は、後日発表される予定

気になるパワートレインについてですが、ガソリンモデルについては排気量1.2L PureTech直列3気筒エンジンを搭載し、グレード毎に最高出力100hp/130hp/155hpを発揮する予定となっています。
一方でディーゼルモデルについては、排気量1.5L BlueHDI直列4気筒ディーゼルエンジンを搭載し、最高出力130hpを発揮する予定。

安全装備については、アダプティブクルーズコントロールや車線逸脱支援+ステアリングホイールアシスト付、ブラインドスポットモニタ、自動緊急ブレーキ、オートヘッドライト等も全て標準装備されます。

価格帯については明らかにされていませんが、恐らく近日中に「e-2008」も発表される予定なので、これに併せてある程度の情報が明確になると思われます。

☆★☆プジョー関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう