スズキが主要モデル「アルト(Alto)」の次世代モデルの2019年秋頃に発表?!その名も「エスプレッソ・コンセプト(S-Presso)」

~マルチ・スズキが「アルト」の次世代モデルを販売する?!~

インド市場をメインに販売しているマルチ・スズキが、現在の主要コンパクトモデル「アルト(Alto)」に置き換わる次世代モデルを、2019年秋頃より発表・販売するかもしれないとのこと。
海外情報サイトThe Economic Timesの情報によると、そのモデルは「エスプレッソ・コンセプト(S-Presso Concept)」と呼ばれるもので、2018年のAuto Expoにて出展された「フューチャーS・コンセプト(Future-S Concept)」をベースにした一台になると言われています。

スポンサーリンク

~スタイリングとしてはコンパクトクロスオーバー風「クロスビー」に近い?~

今回の公開される予定の「エスプレッソ・コンセプト」は、インド市場でも大きな人気となるSUVテイストのデザイン性を持ち、ルノー「クウィッド」からインスパイアされたかのようなエントリーコンパクトクロスオーバーを採用。
開発車両も既に公道にて走られていて目撃もされているため、マルチ・スズキユーザーもかなり期待している一台のようです。

なお、「エスプレッソ・コンセプト」は、マルチ・スズキの研究開発部門がスズキのサポートを受けて設計・開発を進めてきたモデルで、「ビターラ・ブレッツァ」に続く2番目の主要モデルとなることが期待されています。

またマルチ・スズキは、可能な限りスズキからのパーツの流用を検討していて、開発コストも抑える考えを示しているため、プラットフォームはHeartectプラットフォームをベースにし、その他には高速警告アラートやSBR、運転席エアバッグ、リヤパークセンサーといった必須ポイントとなる安全機能も全て搭載する予定となっています。

気になる「エスプレッソ・コンセプト」のパワートレインは、排気量1.0L K10B型の直列3気筒エンジンとなるBS4を搭載する予定で、最高出力68ps/6,000rpm、最大トルク90Nm/3,500rpmを発揮します。
トランスミッションは、5速MT/5速ATの何れかから選択が可能となっています。

具体的な販売時期については不明ですが、恐らく年内には詳細となるグレード別の価格帯が明らかになるのではないかと思われます。

☆★☆マルチ・スズキ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:IndianAutosBlog

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう