新型が発表されて僅か3か月でアップデート?!ピニンファリーナ・最新型「バッティスタ」がトリノオートショー2019にてデビュー!

~納車すらしていない新型「バッティスタ」が早くもアップデート?!~

今年3月のスイス・ジュネーブモーターショー2019に、その姿を明らかにしたばかりとなるピニンファリーナ・最新EVハイパーカー「バッティスタ(Pininfarina Battista)」ですが、今週末より開催されるトリノオートショー2019にて、発表後僅か3か月しか経過していないにも関わらず、従来モデルをベースにしたアップデート(マイナーチェンジ)版が発表されることがわかりました。

スポンサーリンク

~アップデートするポイントは一体どこ?~

今回発表されるアップデートモデルは、模擬空力テストによって更なる空力特性を向上させた外観を持つとのことで、フロントエンドとリヤエンドのデザインが若干変更されるようです。

こちらがアップデート前のスタンドアローンモデル。
かなりわかりにくいですが、具体的にはロアバンパーセクションとエアインテークが変更されるようですね。

なお、今回発表される新型「バッティスタ」のボディカラーは、かなり印象的で美しいBlu Iconicaと呼ばれるカラーとなっています。

今回のモーターショー出展後、更にプロトタイプモデルのシミュレーションテストや風洞テスト、そして現在ピニンファリーナのチーフデベロップメント・ドライバである元F1&フォーミュラEドライバであるNick Heidfeld氏監修のもと、初のトラックテストが実施されるとのことです。

~どうやら今後もアップデートする可能性が高そうだ~

今回のアップデートモデルに関して、ピニンファリーナCEOであるPaolo Pininfarina氏のコメントによると「私たちは本当にバッティスタを誇りに思っている。トリノにて開催されるアップデートモデルを発表できることはうれしく思う一方、これでバッティスタのデザインが終わることは絶対に無い。私たちは常に前に進んで最高のモデルを作り上げていく。そして、今回早めにアップデートすることができて光栄に思う」と語っています。

なお、アップデートモデルは現在オーダーを受付けている限定150台(欧州市場50台、中東及びアジア市場50台、北米市場50台)に反映されるようになっているとのことですから、今回のアップデートモデルから新たに限定販売されるといったことは無いようです(ある意味安心)。
もちろん、価格は約2.4億円と据え置き。

~「バッティスタ」ってそんなに凄いモデルなの?~

「バッティスタ」は、”ラグジュアリー・エレクトリック・ハイパーパフォーマンスGT”という非常に長い言葉で表現されていて、高いパフォーマンスに加えて実用性も加味した究極の一台となっています。

パワートレインとしては、4基以上の電気モータを搭載し、システム総出力1,900ps/最大トルク2,300Nmを発揮。
直線のパフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間が2秒以内、0-300km/hの加速時間が12秒以内、最高時速は350km/hにまで到達します。

なお、これだけの優れたパフォーマンスを持ちながらも、120kWhの大容量リチウムイオンバッテリーパックを搭載しているため、航続可能距離は483kmと日常使いにも適していて、競合と謳っているリマック「C_Two(コンセプト・トゥー)」に負けない一台となりそうです(っと言いながらもバッテリはリマックから供給されていますが…)。

~プレスリリース~

新型「バッティスタ」に関するプレスリリース内容は以下の通り。

・Automobili Pininfarina Battista luxury electric hypercar takes centre stage at the Turin Auto Show until Sunday 23rd June
・The Battista is presented with new design details as aerodynamic testing programme evolves purity and beauty of front surfaces
・Pininfarina S.p.A. in Cambiano to hand-build a maximum of 150 Battistas as the most powerful Italian-made car ever
・Next stages of simulation, wind tunnel and development drive programmes begin in Italy this summer
・New Battista images available here

(Turin, 20th June 2019): Following an initial development programme of simulated aerodynamic testing in Italy, Automobili Pininfarina has revealed its stunning Blu Iconica Battista with new design details at the Turin Outdoor Auto Show.

The evolution of the Battista’s design as it heads into its development programme resulted in design detail upgrades that have redefined the front of the Battista and reinforced its hypercar look and feel, presenting an even greater visual connection between front and back.

The revised Blu Iconica Battista will be presented in Turin until Sunday 23rd June with Paolo Pininfarina, Chairman of Pininfarina S.p.A and Luca Borgogno, Automobili Pininfarina’s Design Director joining the hypercar at its ‘home’ motor show. Each of the planned 150 Battistas will be hand-built at Pininfarina S.p.A near to Turin where the new design details were realised.

Luca Borgogno, Design Director, Automobili Pininfarina, said: “It is incredibly exciting to be presenting the Battista in Turin and near to its home in Cambiano. Since its debut at this year’s Geneva Auto Show, the Battista has stunned audiences all around the world with its beauty and purity of design. I am pleased to be presenting it with these latest masterstrokes that make the form of the car even more beautiful and elegant, and true to Pininfarina’s design principles.”

Paolo Pininfarina, Chairman, Pininfarina S.p.A, said: “We are really proud of the Battista and very happy to see the car at our home auto show in Turin. The design teams at Pininfarina and Automobili Pininfarina worked hard together to present a work of art at Geneva this year. But we never stop aiming for perfection in car design, so are pleased to be able to add design details to the front surfaces that, I believe, reinforce the Battista’s elegance and beauty.”

Following its presentation in Turin the Battista programme moves onto the next phase of simulation testing, wind tunnel and the first track development programmes under the guidance of ex-Formula 1 and Formula E racer, Nick Heidfeld, Automobili Pininfarina’s Chief Development Driver.

The Automobili Pininfarina luxury car brand was announced at Rome’s Formula E race in 2018 and in less than one year presented the Battista to the world in Geneva. Just 50 Battistas are estimated to be available in Europe, 50 in North America and 50 in the Middle East and Asia markets, with the €2m hypercar available to order through a small network of specialist luxury car and hypercar retailers. Potential customers are invited to apply to own a Battista now using an online service within the company’s website: Apply Now.

A revolution in performance: Automobili Pininfarina Battista
The Battista’s 120 kWh battery provides power to four electric motors (one at each wheel), that combine to produce a targeted 1,900 hp (1,696 lb/ft) torque, launching a new generation of hypercar as both a hyper performance and an eminently driveable luxury car. Aiming for a sprint to 100 km/h in less than two seconds, with a single-charge range targeting 450 kilometres, the Battista represents a new reality for electric car desirability.

☆★☆ピニンファリーナ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう