オーストラリアにて、ランボルギーニ「ウラカン」がファミレスの入口にいた15歳の女性に突っ込む事故が発生。不幸にも女性は即死

~オーストラリアにてとんでもない事故が発生~

オーストラリア・アデレードにあるグレンゴーリーMorphett Roadのレストラン付近にて、ランボルギーニ「ウラカン」が無謀な運転を行ったことによりレストラン入口に突っ込む大事故が発生。

しかも、この無謀な運転により、友人と近くを歩いていた15歳のSophia Naismithさんが事故に巻き込まれて即死する事故へと発展。
友人も重傷を負ったとのことですぐさま病院へと搬送されましたが、こちらは幸いにも命に別状はなかったとのこと。

スポンサーリンク

~「ウラカン」のドライバは相当なスピードを出して恐れアリ~

メディアの報道によると、「ウラカン」を運転していたのは37歳の男性ということで、相当にテンションが上がっていたのか、オーバースピードにて狭い道路を走行していたところ、コントロール不能となった可能性があり、そのままレストランの入り口に突っ込んでしまったとのこと。

なお、この事故によって15歳の女性が亡くなったため、その家族が37歳の男性を起訴。
今後、警察が詳しい調査を進めていくとして、男性ドライバがどのような運転をしていたのかを現場を見ていきながら原因を追究していくとともに、容疑者である男性ドライバはどういった状態(飲酒や薬物を使用していないか等)であったかも詳しく調査されることになります。

~亡くなった女性はモデルを目指す努力家だった…~

なお、亡くなったSophia Naismithさんは、モデルを目指す努力家だったとのことで、近日中にモデルの試験を受ける為にたくさんの勉強とダイエットをしてきましたが、その試験を受けることなくこの世を去ってしまったことは到底許されることではありません。
亡くなってしまった命が戻ってくることはありませんし、罪を償うことも不可能だと思います。

彼女の今後の夢と人生を奪ってしまった男性は、これから厳しい処分が下されることだと思いますが、日本でもこうした許しがたい死亡事故が多数発生しています。
今一度、自身が運転していることへの責任の重さを知り、無謀な運転はもちろんのこと、交通ルールを守って運転していきたいところです。

☆★☆事故関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:ABC News

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう