ホンダ・新型「N-WGN(Nワゴン)」で気になるポイントは?残念なポイントは?現行モデルに比べてリヤのあの部分もかなり改良されていた件

2019-06-26

~実は便利機能追加だけでなくデザイン調和もとれていた新型「N-WGN」~

以前、6月19日にグランドニッコー東京台場のB1Fにあるパレロワイヤルにて、ホンダ株主総会で特別展示されたフルモデルチェンジ版・新型「N-WGN(Nワゴン)」が大きな話題となっていますが、このモデルに関して個人的にとても気になったポイントをピックアップ。

☆★☆関連記事☆★☆

今回はノーマル仕様の新型「N-WGN」をチェックしていきたいと思いますが、現行「N-WGN」と比べてどういったところが変更されたのか(反対に残念なポイントも)、どういった点が改良されたのかをピックアップしていきたいと思います。

☆★☆新型「N-WGN Custom」の関連記事はコチラ!☆★☆

スポンサーリンク

~まずはフロントフェイスを見ていこう~

まずは改めてノーマル仕様となる新型「N-WGN」のフロントフェイスをチェックしていきましょう(画像は既に使用許可を頂いております)。
カタログ画像でも確認できる通り、今回のフルモデルチェンジによって外観は大きく変更され、どちらかというと女性向けにデザインされたような柔らかい表情を持つ一台となりましたね。

フロントヘッドライトは、現行「N-BOX」のデザイン意匠を継承したかのような丸型ヘッドライトを採用し、その上部には眉毛が付けられたような感じでウィンカーが点滅するようになっています。

この辺りのデザイン性については、コミカルさとユーモア性があって非常に女性ウケしそうなポイントではありますが、それ以上にコンパクトにまとめ上げた印象の方が大きく、現行と比較してフロントエンドの面積が小さくなっていることとフラットになったことを考えると、ホンダデザインを上手く踏襲しつつ相当に工夫されたデザインであることが伺えます(これは実車画像を見て一番感心したところ)。

ちなみにこちらが現行モデルの「N-WGN」。
こうして見ると、新型との表情は全く異なることはもちろん、フロントフェイスの面積も現行のほうが大きく感じられ、引き締まった表情にはちょっと見えませんね。

改めて新型「N-WGN」のフロントフェイスに戻りましょう。
フロントグリルの形状やヘッドライト等を見てみると、○(丸)と□(四角)を上手く組み合わせたメリハリのあるデザインであることがわかりますね。

ロアグリルやセンターグリルも細長い四角にてまとめ上げているので、ボディとのバランスも見事に調和できているように感じます。
この辺りは上の現行モデルと比較してみると明確だと思いますが、こういったバランス面でもしっかりと改良してきているところは大きく評価すべきポイントだと思います。

~リヤはデザインだけでなく実用性も大きく向上!ただし残念なポイントも~

続いてはリヤデザイン。
これを見てお気づきの方も多いかと思いますが、リヤドアが異様に縦長になり、リヤロアバンパーの面積がかなり小さくなったことがわかるかと思います。

また、ターゲットを女性に向けたこともあってかナンバープレートとリヤトランクハンドルの位置も低くなり、小柄な女性でも開け閉めがしやすいようにしっかりと改良されていますね。

こちらは現行「N-WGN」のリヤデザイン。
ついついリヤテールランプの変化に目が行きがちですが、実用性を考慮したかなり大胆な変更を施しているあたり、ホンダのこのモデルに対する本気度がかなり伝わってきますね。

ただその一方で残念なポイントもあり、たとえばルーフに設けられたアンテナをもう少しスマートにするようにシャークフィンに改良できなかったのか、足元のホイールは女性を強く意識しすぎてキュートな樹脂キャップを装着していますが、この辺りは思い切ってシングル5スポーク位のアルミホイールでも良かったのでは?と思ったり。

もしかするとグレードによってホイールも変化するのかもしれませんが、この辺りも抜かりなくメリハリをつけた足元で攻め立てても違和感ないんじゃない?と思ったりもしますね。

☆★☆新型「N-WGN」グレード別価格帯・メーカオプション・主要装備・関連記事はコチラ!☆★☆

☆★☆新型「N-WGN」試乗感想・関連記事はコチラ!☆★☆

☆★☆新型「N-WGN」パンフレット・カタログ関連記事はコチラ!☆★☆

☆★☆新型「N-WGN」関連記事はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう