これまた珍事。LEGO(レゴ)の次は車内のデジタルゲージクラスターからランドローバー・次期「ディフェンダー(Defender)」の公式デザインがリーク

~またもや次期「ディフェンダー」の公式デザインがリークする珍事~

先日、デンマークの玩具メーカであるLEGO(レゴ)からランドローバー・次期「ディフェンダー(Defender)」の姿がリークするという前代未聞の珍事がありましたが、今度は次期モデルとなる開発車両のデジタルゲージクラスターから量産デザイン(サイドスタイリング)が完全リークするというプチ珍事が発生。

今回ランドローバー・フォーラムを通じてリークされたのは、4ドアモデルとなる次期「ディフェンダー110」(2ドア仕様は「ディフェンダー90」)となりますが、そのサイドスタイリングは前世代モデルよりもはるかに現代的なデザインとなっており、しかし従来のクロカンスタイルはしっかりと踏襲され、それでいて角を削ったような滑らかなボディを見てみると質感も大きく向上したように感じられますね。

スポンサーリンク

~フルモデルチェンジでちょっと変わった部分も~

フロントヘッドライトも一部のみ確認できますが、かなり丸みのある丸型LEDヘッドライトを搭載しているものと考えられ、その他ボディカラーのフローティングCピラーと並んでブラックウィングミラーとブラックBピラー、そしてDピラーも確認できます。

トップルーフはもちろんハードトップ仕様となりますが、後方のルーフにはサンルーフのような黒っぽい部分も見受けられるものの、単なるデザインの一種とも考えられますね。

なお、次期「ディフェンダー」に採用されるプラットフォームは、「レンジローバー・スポーツ/ディスカバリー」にも採用されているMLAの改良版となり、パワートレインについては排気量2.0L 直列4気筒ガソリンエンジンがラインナップされ、その後ディーゼルとPHV(プラグインハイブリッド)モデルがラインナップされる予定となっています。

ワールドプレミア時期は、今年の9月に開催されるフランクフルトモーターショー2019を予定していて、販売時期は2020年初頭に欧州市場とオーストラリア市場を優先し、2020年後半には北米でも販売スタートとなる予定です。

☆★☆「ディフェンダー」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう