ホンダ・新型「N-WGN Custom(Nワゴン・カスタム)」の外観で気になるポイントは?現行モデルから変貌し過ぎたそのデザインを実車にて改めて見てみよう【動画有】

~ホンダがかなり力を入れこんだことがわかる新型「N-WGN Custom」~

以前、6月19日にグランドニッコー東京台場のB1Fにあるパレロワイヤルにて、ホンダ株主総会で特別展示されたフルモデルチェンジ版・新型「N-WGN(Nワゴン)」が大きな話題となっていますが、このモデルに関して今度はスポーティ仕様となる「N-WGN Custom(Nワゴン・カスタム)」について、個人的にとても気になったポイントをピックアップ。

☆★☆関連記事☆★☆

先日公開したノーマル仕様の「N-WGN」のアレコレに関する記事が相当に評判が良かったのか、カスタムについてもピックアップしてほしいとの要望が非常に多かったので、早速公開していきたいと思います。

☆★☆関連記事☆★☆

スポンサーリンク

~新型「N-WGN Custom」のフロントフェイスをチェックしてみよう~

それでは早速新型「N-WGN Custom」の外観について、細かくチェックしていきましょう(画像は既に使用許可を頂いております)。
現行「N-WGN Custom」に比べて、面影や思い出すらも残っていないレベルで大幅なフルモデルチェンジを果たした新型ですが、それだけコンパクト軽自動車が活気づいている中、その競争の中で勝ち残っていくためには便利機能だけでなく、ホンダ自身が変わっていかなければならないという熱い想いと大胆さによって生み出された一台だと考えています。

そういった意味では、今回のフルモデルチェンジというのは非常に好印象を受けるものがあり、これまでのデザインに大きくとらわれず、しかしフロントヘッドライトや流れるタイプのシーケンシャルウィンカーといった意匠はしっかりと受け継ぐ潔さもありますね。

少し話は逸れましたが、改めて新型「N-WGN Custom」のフロントデザインを見ていくと、個性的なデザインの中に、フロントグリルにはメッキ調の小さい横フラットバーが20個も装着され、数多くの凹凸面を設けることにより、フロントフェイスのグラフィック感を強調させているようにも感じられますね。

もちろん、複雑なグリル周りにもメッキ調のフレームを設けることにより高級感とインパクトを与え、しかしメッキ調を乱用するのではなく上品に高級感を演出するところもホンダの技術の細かさが垣間見えるフロントフェイスになっています。

ノーマル仕様では見られなかったフロントフォグランプについても、カスタムではかなり小さなライトが装備されていますし、その周りにもメッキ調フレームを装着することでライトの存在感をアピールしています。

ただ、こうしてノーマル仕様の「N-WGN」とよ~く見比べてみると、フロントグリルは異なっていても、フロントバンパーの基本となる形状はほぼほぼ一緒なので、この辺りの一貫性はしっかりと持っているのもホンダの素晴らしいところだと思います(ダイハツ・新型「タント/タント・カスタム」のフロントバンパーは大きく形状が異なっている)。

via:https://www.honda.co.jp/

そしてこちらが現行モデルとなる「N-WGN Custom」。
フロントエンドのグリルデザインはもちろんのこと、ヘッドライト、フロントフォグランプ、そして車体の形状までもが大きく異なり、まるで同じ名前を持った車両とは思えない程の変貌だと思います。

~ホンダが計算し尽くしたリヤデザインもチェック~

続いてはリヤデザイン。
以前、ノーマル仕様の新型「N-WGN」でもお伝えしましたが、リヤドアが異様に縦長になり、リヤロアバンパーの面積がかなり小さくなったことで、小柄な女性や子供でも簡単にリヤドアの開け閉めが可能ですし、更に荷物も簡単におけるというメリットもあるので、この辺りの改良と思い切りの良さは本当に素晴らしいところだと思いますね。

またノーマル仕様とは異なり、ドアハンドルやリヤテールゲートにはシルバーメッキパーツが追加装備されているため、ちょっとしたアクセントに加えて高級感も加味されています。
ルーフスポイラも装着されたことで、基本的な形状は変わらないものの、こうした特徴あるパーツを装着するだけノーマル仕様とは全く印象も異なるのも面白いところ。

あとはちょっと画像では見られないと思いますが、何とノ新型のーマル仕様や現行カスタムでは装備されていたルーフアンテナが無くなっており、非常にスマートなデザインとなりましたね。この点は大きく評価しても良いかと思います。

~但しもう少し頑張って欲しかった点も~

ただ個人的にちょっと残念だなぁと思ったのがホイールデザイン。
なぜ新型「N-WGN Custom」専用のカスタムアルミホイールではなく、「N-BOX Custom」のホイールを流用してしまったのか。
この辺りはもう少しスペシャリティ感を強調させるために新デザインのホイールを採用してほしかったところです。

via:https://www.honda.co.jp/

そしてコチラが現行「N-WGN Custom」のリヤデザイン。
分割された謎のリヤテールランプがちょっとした批判を集めていましたが、今回のフルモデルチェンジによって大幅に変更され、過度にテールゲート全体をメッキ調にしていますが、反対にチープさが際立ってしまうようにも見えるので、やはり適度なアクセントが上品さと高級さを醸し出していますね。

このあたりはかなりホンダも研究したところだと思いますし、フルモデルチェンジにかける想いが相当に強いことが伝わってくる一台だと思います。

☆★☆新型「N-WGN」グレード別価格帯・メーカオプション・主要装備・関連記事はコチラ!☆★☆

☆★☆新型「N-WGN」試乗感想・関連記事はコチラ!☆★☆

☆★☆新型「N-WGN」パンフレット・カタログ関連記事はコチラ!☆★☆

☆★☆新型「N-WGN」関連記事はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう