タイヤに対してフェンダーが…ルノー「メガーヌ(Megane)」ベースと思われる最新ハッチバックモデルの開発車両が登場

~このモデルは一体?ルノーから新たなモデルがラインナップか~

先日、ルノーのハッチバックモデルでPHV(プラグインハイブリッド)を搭載した次期「メガーヌ(Renault Megane)」の開発車両が目撃されていましたが、今回それとは異なる謎の開発車両がキャッチされています。

今回目撃されている個体は、現行「メガーヌ」をベースにしていると思われ、しかしボディスタイルはハッチバックモデルなのかクロスオーバーなのかよくわからない次期モデルだと考えられます。

そのため、厳密にこのモデルがルノーのどういったモデルなのかは不明ですが、リオフェンダー付近を見てみると、充電プラグが丸見えになっていることからプラグインハイブリッドの可能性が非常に高いことがわかりますね。

スポンサーリンク

~タイヤホイールとフェンダーがミスマッチ…これは何を意味する?~

フロントデザインを見ていくと、デザインベースは「メガーヌ」だと思いますが、フロントバンパー全体にカモフラージュラッピングが施されていることから、「メガーヌ」とは異なる(もしくは派生版?)一台となるかもしれません。

あと、足元を見ていくとお気づきの通り、タイヤホイールに対してフェンダーが明らかに外側に張りだしており、かなり不格好な状態になっていますが、もしかするとクロスオーバースタイルとするために、ここから更にボディや足回りの調整が入るかもしれませんね。

こちらはリヤプロファイル。
リヤテールランプのデザインを見る限りは完全に「メガーヌ」ですね。
ただリヤバンパーやルースポイラー全体にカモフラージュラッピングが施されていることを確認すると、大規模なデザイン変更が施されるかもしれません。

真後ろから見てみると、やはりエキゾーストマフラが見られないことから、プラグインハイブリッドの可能性がかなり高そう。

それにしても…このモデルが一体何なのかは謎のままですが、ルノーからは既に「キャプチャ/カジャー/コレオス」といったクロスオーバーモデルがラインナップされているため、これらよりも更にスポーティでコンパクトなモデルが登場するかもしれませんね。

☆★☆ルノー関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:caradvice

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう