こんなの今まで見たことない!全身フルカーボン&塗装無しの過激なポルシェ「935クラブスポーツ」が登場

~フルカーボン&塗装無しはもはや変態の領域~

ポルシェは、2018年9月末頃に世界限定77台のみとなるハイパフォーマンスレーシングモデル「935クラブスポーツ」を発表し、このモデルをベースにポルシェ公式から特別な7種類のデザインカラー(ヴァイヤン/ザルツバルグ/ザックス/ガルフ・レーシング等…)に施したレンダリングを公開していましたが、今回は何と一切塗装無しの全身フルカーボン仕様の個体が登場しています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~フルカーボンと言えどもパーツによってカーボンの種類も異なる~

ポルシェ「935クラブスポーツ」は、同社が世界限定1,000台のみ販売した「911GT2RS」をベースにしたハイパフォーマンス仕様で、スチールとアルミニウムのボディからカーボンファイバコンポジットパーツ(CFRP)へと置き換えられた軽量モデルとなっています。

なかにはドライカーボンといった異なる種類のカーボンがサイドドアパネル等に使用されていますが、これについてはオーナーの趣味嗜好に仕上げられた部分でもあり、どういった目的でカーボンの種類を分けているのかは不明。

サイドから見てみるとこんな感じ。
「935クラブスポーツ」のサイドをマジマジと見たことはありませんでしたが思いのほかロングテールで驚き。

リヤに設けられた巨大リヤウィングを装着することによって、ウィングとリヤバンパーがフラットになったり、ウィングが後ろにはみ出る印象が大きかったポルシェのハイパフォーマンスモデルですが、リヤバンパーがここまで極端にはみ出すというのはちょっと珍しいかもしれません(あくまでも個人的な感想)。

なお、こうした全身フルカーボン仕様に変更することにより、車体重量は1,380kgと軽量化され、パフォーマンスも向上。
パワートレインは、排気量3.8L 水平対向6気筒ツインターボエンジンを搭載し、差高出力700psを発揮します。

☆★☆「935」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう