何コレ超変態!マツダ「RX-7」にダッジ「バイパー」のV10エンジンをスワップ&900馬力にまでパワーアップ。人工芝のボディを得た日産「フェアレディZ」も登場【動画有】

~ダッジ「バイパー」の大排気量エンジンを搭載するマツダ「RX-7」?!

マツダのロータリーエンジン搭載モデルとしても有名な「RX-7」に、市販モデルの中でも圧倒的な排気量を持つダッジ「バイパー」の排気量7.9L V型10気筒自然吸気エンジンをスワップし、更にそこからツインターボ化+ECUセットアップで900hpまで向上させた超クレイジーモデルが登場。

そもそも超大型となるV10エンジンを搭載するだけでも普通ではありませんが、純正のボディでは容量の関係上収めることができないということで、ボディ自体を完全なる社外製へと付け替え、更には足回りやタイヤホイールといった細かいパーツ類も、全てダッジ「バイパー」用に改造されているとのこと。

もはやここまで来ると「RX-7」の要素がほとんど無いのでは?と思ってしまいますが、一応フロントエンドは純正を何とか維持していますね。

スポンサーリンク

~オーナーはまだまだこれから改良を続けていく模様~

こちらがエンジンスワップ時の状態ですが、完全にボディの中に収めることができずラジエーター等もむき出しの状態に。
しかもツインターボ化しているので、ここまで来るとクレイジーレベル。
一体なぜこのようなことを考え出したのかは不明ですが、オーナー曰くここから更に改良を加えていくとのことで、見た目も大幅に変化していく可能性があるとのことです。

~人工芝のボディを持つ日産「フェアレディZ」?~

こちらは日本のカーイベントにて目撃された日産「フェアレディZ(370Z)」に人工芝を貼り付けた変態モデル。
自然との一体感を表現した一台とのことですが、メンテナンスは相当に大変そうですね…

☆★☆エンジンスワップ・関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:autoevolution①autoevolution②

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう