何コレ過激!フォルクスワーゲン「ゴルフTSI(Golf TSI)」にGTE風ワイドボディキットが登場、とても低燃費モデルとは思えない程のスタンスだ

~エコなのに過激なカスタムモデルが登場!~

早くとも2019年9月には、フルモデルチェンジ版となるフォルクスワーゲン・新型「ゴルフ8(Volkswagen Golf 8)」が発表される予定となっていますが、今回ロシア人オーナーによる現行「ゴルフ」に過激なGTE風ワイドボディキットを装着したカスタムモデルが公開されています。

今回公開された個体は、ロシア・モスクワに住むVyancheslav Demin氏がオリジナルでカスタムした一台となり、車両ベースは何ともエコロジーな「ゴルフTSIブルーモーション」を使用し、気筒休止システムを搭載する排気量1.4Lターボエンジン(最高出力122hp~140hp)が採用されています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~まるでレーシングモデルをイメージしたかのようなエクストリームなパーツを装備~

フロントエンドを見ていくと、”GTE”バッジを貼付したメイングリルに、アンダーバンパーにはLEDデイタイムランニングライトを搭載していますが、このデザインは「eゴルフ」をモチーフにしたデザインとのこと。
また、セットアップストラット付となるフロントエアスプリッターも装着され、過激なレーシング風の外観を得ていますね。

リヤデザインを見ていくと、「Mk5ゴルフR」スタイルのセンター2本出しのエキゾーストパイプがインストールされています。

足もとを見ていくと、リバティーウォークやロケットバニー(ロケバニ)のような外付けリベット留めのオーバーフェンダーが装着され、ホイールは非常に複雑なメッシュタイプを履かせ、若干のキャンバー角が設けられていることから、かなり攻め込んだカスタムであることがわかりますね(エアサスペンションももちろんインストール)。

☆★☆「ゴルフ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう