2021年モデル・ジャガー新型「Fタイプクーペ/コンバーチブル」の開発車両が一挙に登場。表情は劇的に変化し、ヘッドライトも超細目に?!

~次期「F-TYPE」は大幅なデザイン変更が施される模様~

ジャガーの2ドアスポーツクーペモデルで、2021年モデルとして新たに発売されるであろう新型「Fタイプクーペ/コンバーチブル(F-TYPE)」の開発車両2車種が一挙にキャッチされています。

今回目撃されている開発車両をチェックしていくと、まずはクーペタイプですが、全体的に分厚めのカモフラージュが施されているものの、フロントヘッドライトは現行の縦型で後退したものではなく、横型で薄めのアグレッシブなLEDヘッドライトへと大胆に変更され、フロントグリルもアストンマーティン「ヴァンテージ」を彷彿させるような大口化へと変更されていますね。

スポンサーリンク

~リヤデザインはそこまで大幅な変更は無さそう?~

サイドから見てみるとこんな感じ。
2ドアクーペらしい滑らかなボディラインを持ち、フロントノーズは少し長め、Aピラーからトップルーフ、そしてリヤハッチにかけての滑らか且つ流麗なラインはポルシェ「パナメーラ」っぽくも見えます。

リヤエンドはこんな感じ。
非常にコンパクトな格納式のトランクスポイラーが搭載され、リヤテールランプは従来とあまり変化無いような特徴的なデザイン言語を継承しそうですね。

リヤマフラについては、今回は両サイド2本出しのクワッドエキゾーストがインストールされていますが、これはグレードによってセンター2本出しのモデルが登場する可能性もありそうです。

~グレードによってフロントマスクが異なる可能性も~

そしてこちらがオープンタイプのコンバーチブルモデル。
トップルーフはファブリック製のソフトトップを採用し、電動格納式になることが濃厚。

よくよく見てみると、先ほどのクーペタイプとは異なり、フロントグリルにはフラットなバーが設けられていることが確認できます。
これもグレードによって大きく異なる部分なのかもしれませんね。

トップルーフは基本的にクローズ状態となっていますが、BMW「Z4」のようなロードスター風のボディラインとなりそう。
足もとのホイールも、先ほどのクーペとは異なり非常にシンプルなシングル5スポークホイールを装着。

リヤウィングは先ほどのクーペとは大きく異なるデザインに。
エキゾーストマフラも両サイド2本だしですが、もしかするとこれが標準レイアウトになるかも?

気になるパワートレインについてですが、これについてはまだまだ明確な情報は無いものの、もしかするとマイルドハイブリッドもしくはPHVといったハイブリッド技術が採用される可能性も高いとのことです。

☆★☆「F-TYPE」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう