【ディーゼル編】マイナーチェンジ版・マツダ新型「デミオ/マツダ(Mazda2)」が大幅値上げ!一体何が標準装備されたかグレード別に見ていこう

2019-07-17

~新型「マツダ2」のディーゼルエンジンモデルには、一体どのような機能が標準装備される?~

今夏より、遂にマイナーチェンジを果たすマツダの2020年モデル・新型コンパクト「マツダ2(Mazda2)」(旧デミオ)。
前回は、【ガソリンモデル】のグレード別の価格帯に加えて装備内容をを公開していきましたが、今回は【ディーゼルモデル】のグレード別の装備内容を公開していきたいと思います。

ガソリンモデルに比べて、かなり充実した装備内容になっているので、どうしても現行モデルよりも大幅な価格アップにはなっていますが、メーカオプションが標準装備されたり、安全装備が追加されたりしているので、ある意味納得できる内容となっているかもしれませんし(一部納得できない部分もありますが…)、「マツダ2」というモデルは、現行「デミオ」とはまた異なる新たなラインナップモデルとして考えた方が良いのかもしれませんね。

早速【ディーゼルモデル】のグレード別の装備内容をチェックしていきましょう。

スポンサーリンク

~改めてディーゼルモデルのグレード別価格帯をチェックしていこう~

それでは、改めてディーゼルエンジンのグレード別価格帯を公開していきたいと思います。
今回は消費税8%込みとなり、駆動方式が2WDのみとなっていますが、4WDは+205,200円を追加していただけたらと思います(価格帯については、発売当日に多少の変動があるかもしれませんので、予めご了承ください)。

また、現行モデルからどれだけ価格アップしたかも公開していきたいと思います。

【新型「マツダ2」グレード価格帯一覧(8%税込)】

[ディーゼルエンジン](4WDモデルは+205,200円)
・XD PROACTIVE・・・1,954,800円(現行比+140,400)
・XD PROACTIVE S Package・・・2,116,800円(現行比+102,600円)
・XD L Package・・・2,413,800円(現行比+340,200)

以上が新型「マツダ2」のガソリンエンジンのグレード別価格帯となりますが、現行に比べて最大約34万円アップしていますね。

~グレード別の値上げの内訳を見ていこう~

”XD PROACTIVE”

・XD PROACTIVE・・・1,954,800円(現行比+140,400)

【標準装備追加】
・静粛性向上
・G-ベクタリングコントロール・プラス(GVC Plus)
・アドバンスト・スマート・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)+夜間歩行者検知機能付きに強化
・LEDヘッドランプ標準装備
・Apple CarPlay/Android Auto
・アクティブ・ドライビング・ディスプレイ(ADD)&交通標識認識システム(TSR)
・運転席&助手席シートヒーター

【装備されなくなったもの】
・トノカバー
・マフラーカッター
・シャークフィンアンテナ

【メーカオプションが標準装備追加】
・スーパーUV&IRカットガラス
・コンフォートパッケージ(70,200円相当)[アドバンストキーレスエントリーシステム/フルオートエアコン]

ディーゼルのエントリーモデル”XD PROACTIVE”では、いきなり充実した装備内容となっていますね。
ガソリンモデルの新グレード”15S PROACTIVE”より採用されるヘッドアップディスプレイならぬ「ADD」と、制限速度等の標識を認識し、メータへと反映させる「TSR」、そして寒冷地にも適したシートヒータが標準装備されます。

約200万円近い車両本体価格ではありますが、結構良い感じの価格設定ではないかと思いますね(それでも十分高いけど)。

”XD PROACTIVE S Package”

・XD PROACTIVE S Package・・・2,116,800円(現行比+102,600)

【標準装備追加】
・静粛性向上
・G-ベクタリングコントロール・プラス(GVC Plus)
・アドバンスト・スマート・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)+夜間歩行者検知機能付きに強化
・LEDヘッドランプ標準装備
・Apple CarPlay/Android Auto
・フロントグリルカラー(ブラック)
・フロント/リヤバンパーロアモール(ブライト)

【装備されなくなったもの】
・16インチアルミホイール

・LEDフォグランプ
・シャークフィンアンテナ

【メーカオプションが標準装備追加】
・自動防眩ミラー
・メーカセットオプション(59,400円相当)[360°ビューモニター+フロントパーキングセンサー(センター/コーナー)]

”XD PROACTIVE S Package”は、ガソリンモデルの”15S PROACRIVE S Package”と同様に安全性能よりもスポーティな外観へと仕上げるためのデザイン性向上の方にファクタを置いていると思っていましたが、最も気になるのが16インチアルミホイールレストとLEDフォグランプレス

他のグレードでは、全て16インチアルミホイールが標準装備なのに対して、”XD PROACTIVE S Package”だけは15インチアルミホイールに変更されるのだそうです。

また、LEDフォグランプも、ガソリンモデル全てとディーゼルエンジンの”XD PROACTIVE”のみが設定されるとのことですが、”XD PROACTIVE S Package”と上位グレードの”XD L Package”では設定されないとのことです。

これで価格アップが約10万円に抑えられているのはちょっと納得ですが、ちょっと残念なグレードでもあったり…
ちなみに、15インチのアルミホイールデザインは現行モデルと同じと聞いています。

”XD L Package”

・XD L Package・・・2,413,800円(現行比+340,200)

【標準装備追加】
・静粛性向上
・G-ベクタリングコントロール・プラス(GVC Plus)
・アドバンスト・スマート・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)+夜間歩行者検知機能付きに強化
・LEDヘッドランプ標準装備
・Apple CarPlay/Android Auto
・フロントグリルカラー(ブラック)
・フロント/リヤバンパーロアモール(ブライト)

【装備されなくなったもの】
・LEDフォグランプ

【メーカオプションが標準装備追加】
・CD/DVDプレーヤー+地デジチューナー&シャークフィンアンテナ(43,200円相当)
・ドライビングポジションサポート(54,000円相当)[運転席6wayパワーシート&シートメモリー機能+ステアリングヒーター]
・自動防眩ミラー

・メーカセットオプション(59,400円相当)[360°ビューモニター+フロントパーキングセンサー(センター/コーナー)]
・セーフティクルーズパッケージ(108,000円相当)[ALH(アダプティブLEDヘッドライト)+LAS(レーンキープアシストシステム)+ステアリングスイッチカラーブライト+SBS&MRCC(全車速追従機能付き)]

”XD L Package”に関しては、とりあえず装備できるメーカオプションを全て標準装備した感じですね。
加えてセーフティクルーズパッケージがフル装備されたことも考えると、約34万円の価格アップというのは致し方ないのかもしれません。

ただ個人的に許せないのが、どうして”XD L Package”だけシャークフィンアンテナが標準装備されるのか?ということ。他のグレードではなくなってるのに…(ちなみに、上の新型「マツダ2」の画像のグレードが”XD L Package”となります)

☆★☆新型「マツダ2」まとめ記事はコチラ!☆★☆

☆★☆新型「マツダ2」関連記事はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう