ロータス最新のフルエレクトリックモデルは「Evija(エビア)」にて決定!ティーザー映像も公開、ところで「Evija」ってどういう意味なの?

~ロータス初のオールEVハイパーカーの名称は「Evija」にて決定!~

以前より何かと話題となっているロータスの最新フルエレクトリックハイパーカー・コードネーム「Type 130」ですが、このモデルの正式名称を確定づけるティーザー映像が公開され、そして以前にもご紹介した通り「Evija(エビア)」と命名されたことが明らかとなりました。

スポンサーリンク

~「Evija」のそもそもの意味って何?~

今回発表された「Evija」は、”ev-eye-a”と発音され、”最初に存在する””生きているいもの”を意味し、イギリス初のフルエレクトリックハイパーカーとして登場することを意味した記念すべき名称となります。

またロータスは、今回のティーザー映像公開に合わせて、来年より生産をスタートすることも明らかにし、「Evijaというモデルが、イギリスのスポーツカーブランドの中で圧倒的で刺激的な幕開けの一台になる。つまりロータス初のEVハイパーカーであり、中国Geely傘下として初のモデルでもある」と説明し、今後のブランドの重要性を大きく左右する一台であることも示唆しています。

なおティーザー映像では、「Evija」のセンターコンソールらしき部分にある赤色の六角形をしたパワースタートボタンと、その上には”D(ドライブ)”モードや”R(リバース)”モード、そして”N(ニュートラル)”の確認ができますね。

起動後、「Evija」と表示されたインフォテイメントディスプレイが公開されていますが、これが正式ロゴになりそう。

~「Evija」の気にあるスペックは?~

ちなみに、「Evija」は世界限定130台のみ販売され、最高出力1,000hp以上を発揮し、プラットフォームはカーボンファイバモノコックシャシーを採用することで高剛性且つ軽量なボディを実現。
車輪には4基の電気モータを搭載する予定で、その他にはアクティブな空気力学を考慮したボディ、ハイテクバッテリパックを搭載するとの噂もあります。

【Lotus Evija Teaser Video】

☆★☆ロータス関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう