2019年6月の登録車新車販売台数ランキング50を公開!1位は先月に引続きトヨタ「プリウス」、それ以外はトヨタがほぼ独占!期待の「RAV4」は11位と大きく貢献

~2019年6月の新車販売台数ランキングは先月とほぼ変わらず~

さて、毎月発表される各月登録新車販売台数ランキング。
2019年6月の新車販売台数を公開していきたいと思いますが、やはり最も注目すべきはトヨタの新型「RAV4」やマツダ新型「マツダ3(Mazda3)」。
一体どのようなランキングとなったのか、早速以下をチェックしていきましょう。

スポンサーリンク

~安定して「プリウス」がトップ、気になるあのモデルは?~


【2019年6月の登録者新車販売台数ベスト50】

  1. トヨタ「プリウス」:12,093台
  2. 日産「ノート」:12,075台
  3. トヨタ「アクア」:8,716台
  4. ホンダ「フィット」:8,671台
  5. トヨタ「カローラ」:8,437台
  6. 日産「セレナ」:8,366台
  7. トヨタ「ルーミー」:8,338台
  8. トヨタ「シエンタ」:7,981台
  9. トヨタ「ヴィッツ」:7,974台
  10. ホンダ「フリード」:7,869台
  11. トヨタ「RAV4」:7,822台
  12. トヨタ「ヴォクシー」:7,526台
  13. トヨタ「タンク」:6,978台
  14. ホンダ「ヴェゼル」:6,143台
  15. トヨタ「アルファード」:5,089台
  16. スバル「インプレッサ」:4,629台
  17. ホンダ「ステップワゴン」:4,586台
  18. トヨタ「ノア」:4,522台
  19. トヨタ「C-HR」:4,342台
  20. トヨタ「パッソ」:3,475台
  21. スズキ「ソリオ」:3,378台
  22. ホンダ「シャトル」:3,294台
  23. トヨタ「ハリアー」:3,155台
  24. トヨタ「エスクァイア」:3,118台
  25. トヨタ「ヴェルファイア」:2,947台
  26. マツダ「デミオ」:2,816台
  27. トヨタ「クラウン」:2,740台
  28. 日産「エクストレイル:2,720台
  29. スズキ「スイフト」:2,578台
  30. スバル「フォレスター」:2,535台
  31. トヨタ「ランドクルーザーW」:2,373台
  32. マツダ「CX-5」:2,257台
  33. スズキ「クロスビー」:2,021台
  34. トヨタ「カムリ」:2,003台
  35. ダイハツ「トール」:1,660台
  36. マツダ「マツダ3」:1,591台
  37. マツダ「CX-8」:1,507台
  38. ホンダ「シビック」:1,459台
  39. 日産「リーフ」:1,387台
  40. 三菱「デリカD:5」:1,326台
  41. スバル「レヴォーグ」:1,308台
  42. ホンダ「オデッセイ」:1,124台
  43. 三菱「エクリプス・クロス」:1,002台
  44. トヨタ「エスティマ」:970台
  45. トヨタ「ハイエースワゴン」:953台
  46. レクサス「UX250h」:938台
  47. レクサス「ES300h」:862台
  48. ホンダ「CR-V」:837台
  49. トヨタ「ジャパンタクシー」:786台
  50. マツダ「CX-3」:760台

ランキングは上の通りで、1位は先月に引き続きトヨタ「プリウス」の12,093台、それに続いて日産「ノート」の12,075台とかなりの僅差レベルとなりましたね(3位以下は1万台を切る結果となりトヨタがほぼ独占状態)。

なお、個人的に気になっていたトヨタ・新型「RAV4」ですが、こちらは11位と順位を下げながらも、販売台数は何と5月の6,817台よりも+1,005台増やしての7,822台という結果に。

新型「RAV4」は、20台~40台の若い男性に人気があり、そのリセールの高さからも残価設定にて購入する人がほとんどだそうです。
車格が大きく、取り回しが不便だったり重たい印象を受ける新型「RAV4」ですが、それ以上に所有する満足度は相当に高そうですね。

▽▼▽関連記事▽▼▽

もう一つ気になっていたマツダ・新型「マツダ3」ですが、こちらはまだ登場したばかりということもあり、36位と低めながらも1,591台を販売。

その他、レクサス「UX250h/ES300h」も50位以内にランクインしていますが、思いのほか「ES300h」の売れ行きも好調で、「GS」やトヨタ「カムリ」から乗り換えるユーザーも結構多いようです(レクサスはとにかく維持費がかからないですからね)。
価格も控え目で、車格はミドルサイズサルーン並み、エンジンは直4ハイブリッドのみでレギュラー対応ですし、何よりも外観がフラッグシップサルーン「LS」に似ているということで、それによる満足度が高いようですね。

▽▼▽関連記事▽▼▽

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう