2020年モデル・トヨタ新型「ヤリス(日本名:ヴィッツ)」にGRスポーツモデルとハイブリッドモデルが登場予定!新型「マツダ2(Mazda2)」がデザインベースになる?

~いよいよ開発も終盤に差し掛かってきた?~

ドイツ・ニュルブルクリンクサーキットにて、トヨタの2020年モデルとなるフルモデルチェンジ版・新型「ヤリス(Yaris、日本名:ヴィッツ)」の開発車両がキャッチされています。
前回目撃されていた開発車両同様に、「GRスープラ」のテストカーのような特徴的なカモフラージュラッピングによって偽装されていますが、どうやらこのモデルはハイパフォーマンス仕様となる新型「ヤリス・GRスポーツ」になることが判明しています。

スポーツハッチバックモデルとなる「ヤリス・GRスポーツ」ですが、足元にはゴールドのアルミホイールを装着し、フロントヘッドライトはカモフラージュされているものの釣り目式のハウジングカバーが設けられていることが確認できますね。

現行「ヤリス」に比べて明らかに細目となるこのモデル、もしかすると今夏発表されるマイナーチェンジモデル・マツダ新型「マツダ2(Mazda2)」に近いデザイン言語を得る可能性もありますね(海外仕様の現行「ヤリス」がマツダ「デミオ」のOEMモデルなので…)。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~ノーマル&ハイブリッド仕様の新型「ヤリス」の開発車両も~

なお新型「ヤリス」には、ハイパフォーマンスモデルの「GRスポーツ」以外にも、ノーマル仕様でハイブリッドシステムを搭載するモデルも登場する予定で、先ほどの特徴的なカモフラージュとは異なる白黒に偽装された開発車両も登場。

フロントヘッドライトがほんの少しだけ確認できますが、新型「マツダ2」に類似したデザインであることが確認できますね。

サイドから見てみると、フロント・リヤフェンダー共に若干こんもりとしているのが確認できるものの、駆動方式は前輪駆動(FF)を採用。
足もとのホイールも量産モデル用に開発された新デザインである可能性が高そうです。

インテリアもほんの少しだけ確認できますが、ダッシュボード周りはほぼ偽装され、しかしナビゲーションディスプレイとその両サイドには無数のスイッチ類が確認できます。

リヤデザインはこんな感じ。
リヤテールランプはそこまでワイドな感じではなさそうですね。
リヤバンパーの張り出しは中々ですが、「カローラ・スポーツ」を意識したかのような引き締まり感があります。

気になるパワートレインについてですが、現行でも採用されている排気量1.5Lエンジン+電気モータのハイブリッドを採用する可能性が高く、更にトルクフルで力強い走りを提供することが期待されています。

なお、このモデルは2019年10月より開催の東京モーターショー2019にて世界初公開される可能性が高く、翌年には欧州仕様モデルも登場する予定となっています。
まだまだ具体的な情報は明らかにされていませんが、今後新たな情報を入手次第すぐに展開していきたいと思います。

☆★☆新型「ヤリス/ヴィッツ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう