スズキの大人気モデル「ビターラ・ブレッツァ」の最新ガソリンモデルが8月に発売予定!価格は約122万円~約169万円にて販売へ

~遂に大人気モデルの「ビターラ・ブレッツァ」に新たなガソリンエンジンモデルが追加へ~

インド市場にて販売を続けるマルチ・スズキが、2016年3月より販売を続け、僅か3年間で販売台数40万台を突破した大人気SUVモデル「ビターラ・ブレッツァ(Vitara Brezza)」のフェイスリフトモデルに加え、更に新たなガソリンエンジンモデルを8月に追加ラインナップすることが分かりました。

スポンサーリンク

~マルチ・スズキにとっては今回のガソリンモデルがディーゼルに置き換わる重要なユニットに~

マルチ・スズキは、2020年3月までにインドでの環境法規制の対策措置に向けてディーゼルエンジンモデルの販売を終了する計画を示しましたが、実はマルチ・スズキのディーゼルモデルの売り上げ実績は全体の30%以上と非常に高く、その中にも「ビターラ・ブレッツァ」のディーゼルモデルの販売も大きく貢献。

今回新たに販売されるガソリンエンジンモデルは、いわゆるマイルドハイブリッドシステムを搭載するため、ディーゼルモデルよりも燃費は良く、更にモータによるアシスト力が加味されるため、非常にパワフルな走りを提供してくれるとのこと。

なお「ビターラ・ブレッツァ」に採用されるパワートレインは、排気量1.5L K15B直列4気筒自然吸気エンジン+デュアルバッテリを組合わせたプログレッシブ・スマートハイブリッド・マイルドハイブリッドシステム(長い!)と呼ばれるもので、システム総出力105ps/最大トルク138Nmを発揮します。
※当初は、排気量1.0L K10C型BoosterJetガソリンエンジン(最高出力102ps/最大トルク150Nm)を提供する予定でしたが、あまりにもコストが掛かり過ぎているため全く採算がとれなかったようです。

トランスミッションは5速MTが標準となりますが、オプションにて4速ATが後々追加ラインナップされる予定となっています。

気になる価格帯ですが、ガソリンエンジンモデルやディーゼルモデル、マイルドハイブリッドシステム等を全て含めると約122万円~約169万円にて販売されるとのことで、新たなマルチ・スズキの主軸モデルとして人気を博することが予想されています。

☆★☆マルチ・スズキ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:IndianAutosBlog

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう