遂に来た!トヨタ・新型「グランドハイエース(海外名:グランビア)」の開発車両が首都高にてキャッチ!圧倒的な存在感と高級感は「アルファード/ヴェルファイア」には無い気品さえもある?【動画有】

2019-07-11

~遂に新型「グランドハイエース」の開発車両が首都高を走る!~

以前より、大きな話題となっているトヨタの最新ミニバン「グランビア(Granvia)」。
海外富裕層に向けた高級ミニバンとして、更なる強化を図ることを目的とした一台となりますが、このモデルの日本市場向けとなる新型「グランドハイエース(Grand Hiace)」が、2019年10月に発表・発売されることが明らかとなりましたが、早速このこのモデルをベースにした開発車両が首都高速道路にてキャッチされています。

今回目撃されている個体は、完全にカモフラージュ無しの状態で、フロントマスクは新型「グランビア」そのまま。
トヨタの上位ミニバンモデルとなる「アルファード/ヴェルファイア」とは大きく異なり、メッキパーツを可能な限り抑えた高級志向モデルで、個人的には新型「グランドハイエース」の方がメッキに頼らず、高級ミニバンとしての気品の高さが見えるデザインではないかと思いますね。

ヘッドライト周りにも適度なメッキパーツを採用することでアグレッシブさと高級感を演出し、グリルも大口化でスポーティなんだけど、ラグジュアリー感もしっかりと兼ね備えてまとまりがあるように思えます。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~その存在感は「アルファード/ヴェルファイア」には無い独特の世界観がある~

サイドミラーキャップは同色素地ではなくシルバーメッキ。
このあたりのちょっとした親父臭さも「グランドハイエース」らしい要素ではないかと思います。
しかしフロントのドアハンドルは同色素地なのに、スライドドアのハンドルはメッキ?に見えるのはちょっと面白いといころです。

そして足元のホイールも「グランビア」同様に16インチ~17インチのマルチスポークアルミホイールを装着。

そしてこちらがリヤデザイン。
レクサスのL字テールランプよりも更に大型で、ダイナミック感のあるハウジングを採用。
ミニバンモデルなのに、どことなく大型SUVにも見える不思議な造形。
首都高で走っても圧倒的な存在感を醸し出す次世代ミニバンとなります。

~エンジンは定番の2.8Lディーゼル~

気になるパワートレインについてですが、「レジアス・エース」にも採用されている1GD-FTV型の排気量2.8L 直列4気筒ディーゼルターボエンジンを搭載されると考えられ、最高出力177hp/最大トルク450Nmを発揮するとのことで、多人数乗用車での市街地走行や山道での軽快な加速とトルクを提供できるハイパフォーマンスなエンジンとなるようです。

なお、ディーゼルエンジンにてよく見られる排ガスについてですが、2019年2月に発表された三菱・新型「デリカD:5」ではアドブルー(尿素)を充填することで排ガスを抑えるといった技術が採用されるも、維持費や手間の面であまり評判はよくありませんでした。
しかし、新型「グランド・ハイエース」ではアドブルーレスになるということで、尿素の充填作業はもちろんのこと、ランニングコストも大きく抑えることのできるお財布にも優しい一台になるとのこと。

トランスミッションについても、安定のアイシン製6速オートマチックトランスミッション(マニュアルモード付)を採用し、トルクフルなディーゼルターボエンジンとの相性も抜群。
その他、最小回転半径は5.5mと非常に小回りが利き、何と「エスティマ」の5.7m~5.9mよりもクイックな操作が可能となるため、駐車スペースでの取り扱い性もかなり高そうですね。

☆★☆ミニバン関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう