【エクステリア編】ダイハツ・新型「タント」見てきた!カスタムに比べるとシンプルながらも万人受けしそうな魅力的な一台【動画有】

2019-07-10

~新型「タント」はシンプルだけど不思議な魅力がある~

本日7月9日(火)より、ようやく発表・発売されたダイハツのフルモデルチェンジ版・新型「タント/タント・カスタム」。
私も早速ディーラに直行し、新型モデルをチェックしてきました!

既にお客さんが多かったので、細かい撮影はできませんでしたが、じっくりとそのスタイリングや作り方、質感等を体感してきました。

先ほどは新型「タント・カスタム」のエクステリアを公開しましたが、今回はノーマル仕様の新型「タント」のエクステリアを”速報”にてお伝えいたします!

▽▼▽ノーマル仕様の新型「タント」のインテリアインプレッションはコチラ!▽▼▽

▽▼▽新型「タント・カスタム」のインプレッションはコチラ!▽▼▽

スポンサーリンク

~早速外観をチェックしていこう!~

フロント・デザイン

まずはフロントデザインを見ていきましょう。
カスタムに比べるとグリルの部分は非常に落ち着いた印象で、同色素地のバンパーをメインとしたシンプルなデザインとなっています。

ちなみにボディカラーは新色のアイスグリーンと、何とも涼しそうな雰囲気漂うカラーですが、こういったカラーは女性に結構人気があるそうです。

ヘッドライト周りはこんな感じ。
U字型のLEDデイタイムランニングライトとフロントLEDヘッドライトがグレード関係なく標準装備されています。
ちなみにノーマル仕様ではフロントフォグランプが搭載されていないので、それも考えるとメッキを活用することなくシンプルにまとめられています。

ウィンカーの点滅やヘッドライトの点灯については、以下の動画にて確認できますので、良ければ見てみたください!

サイド・デザイン

サイドから見たスタイリングはこんな感じ。
ボディカラーがモノトーンなので、てっきりAピラーも同色素地なのかと思いきや、ここもブラックなんですね。
この辺りのメリハリは結構重要で、個人的には非常にバランスのとれた配色だと思っています。

こちらは全グレード共通の14インチフルホイールキャップ。
チープ感はありますが、シンプルな「タント」とはしっかりとマッチしています。

リヤ・デザイン

リヤデザインはこんな感じ。
カスタムとは異なり、リヤテールランプのデザイン、そしてリヤバンパーベゼルも無いため、同色素地のエリアが広いせいか、とにかくワイドに見えますね。

こちらがリヤテールランプ。
ランプの点灯やウィンカーの点滅は以下の動画にてチェック!

▽▼▽新型「タント/タント・カスタム」最新カタログ情報はコチラ!▽▼▽

【2019年・ダイハツ・新型「タント」見てきた!】

☆★☆新型「タント/タント・カスタム」実車インプレッションの関連記事はコチラ!☆★☆

☆★☆新型「タント/タント・カスタム」カタログの関連記事はコチラ!☆★☆

☆★☆新型「タント/タント・カスタム」まとめの関連記事はコチラ!☆★☆

☆★☆新型「タント/タント・カスタム」グレード別価格帯の関連記事はコチラ!☆★☆

☆★☆新型「タント/タント・カスタム」見積もりの関連記事はコチラ!☆★☆

☆★☆新型「タント/タント・カスタム」セールス試乗感想記事はコチラ!☆★☆

☆★☆新型「タント/タント・カスタム」外装・内装関連記事はコチラ!☆★☆

☆★☆新型「タント/タント・カスタム」関連記事はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう