トヨタ・新型「グランドハイエース(海外名:グランビア)」の開発車両がまたまた日本にて目撃に!今度は新東名付近、リヤテールの存在感はかなり強烈

2019-07-12

~意外にも新型「グランドハイエース」の目撃情報は多かった~

先日、東京都の首都高速道路にてトヨタが10月に販売する予定の高級ミニバン・新型「グランドハイエース(海外名:グランビア)」の開発車両が目撃されていましたが、今度は新東名にてその後ろ姿がキャッチされています。

今回目撃されている開発車両は、首都高にて目撃されていた個体と全く同じナンバーであることから同一車種であることがわかり、商用ミニバンの中でも「アルファード/ヴェルファイア」より少しランクを下げた高級商用ミニバンとして、高い走行性と耐久性を確認するために長距離のテスト走行を実施していた可能性が高そう。

また新型「グランドハイエース」を目撃した方々の情報を聞くと、そのサイズ感は非常に大柄であったとのことで、実際のところ全長5,300mm×全幅1,980mm×全高1,990mmと、トヨタ「アルファード」よりも全長+355mm、全幅+130mm、全高+55mmと圧倒的なサイズ感に加えて、車内の快適性も「ハイエース」に比べて格段に向上することを考えると、間違いなく日本市場での活用度は一気に上がりそうな予感がしますね。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~トヨタとしてはかなり珍しい”ギリギリ攻めすぎない”上品なミニバンを開発した~

またデザイン性においても、「アルファード/ヴェルファイア」に比べてシルバーメッキを使用する範囲は少なくなり、しかし「ハイエース」よりもメッキを多用することで高級感と威圧感を加味することに成功しているので、こうした適度なアグレッシブさの方が日本ウケは良さそうな気がしますね。

ただ、先ほども説明した通り、そのサイズ感は明らかにミニバンというカテゴリに入れるにはちょっと無理があるので、購入を検討しようにも駐車場の管理や普段使いにはかなり不便さが際立つ一台だと思われますね。

なお、新型「グランドハイエース」の乗り心地については、台湾の自動車ジャーナリストがレビューしていましたが、商用バンとなる「ハイエース」がベースとは思えないほどに上質な走りで、「感覚的にはアルファードを運転しているのと変わらない」と絶賛するほど。

ボディはもちろん、トヨタの次世代プラットフォームであるTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)を採用し、高剛性且つ高い走行性能を提供することから、これまでイメージしてきた商用バンのイメージを大きく覆す一台となりそう。
なお、安全装備についても「アルファード」と同等レベルのトヨタ・セーフティ・センスが標準装備される可能性が高いとのことで、こちらもかなり期待が高まりそうです。

☆★☆新型「グランドハイエース/グランビア」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう