【見積り開始日&発売日も発表!】日産・新型「スカイライン」のフロントデザインを遂にキャッチ!LEDヘッドライト&リヤテールライトはこうやって点灯する!

2019-07-12

~遂に新型「スカイライン」の姿が明らかに!~

7月16日(火)に記者発表にてその姿が明らかになるビッグマイナーチェンジ版の日産・新型4ドアセダン「スカイライン(Nissan Skyline V37)」。
前回は、積送中の新型「スカイライン」のリヤデザインが明らかになっていましたが、今回は遂にフロントデザインが完全に明らかになり、更にはフロント・リヤのLEDライトが点灯しているところもキャッチされています(画像を提供頂いたG様他には心より感謝申し上げます!)。

まず、1枚目の画像についてですが、フロントエンドはインフィニティ特有のメッシュグリルから、日産のアイデンティティである(ワイド感のある)Vモーショングリルが採用され、それでいてインフィニティのエンブレムではなく、”Nissan”エンブレムへと置き換えられていますね(この変化は一番大きい)。

フロントヘッドライトは大きな変化は見られないものの、プロジェクター式の単眼ヘッドライトとその周りを囲うU字リングが立体的になり、どことなくマツダ・現行「デミオ」っぽい顔つきにも見えますね。

フロントフォグランプや水平基調のウィンカーについては特に変化は無いものの、その周りにあったシルバー調のフレームが無くなり、Vモーショングリル以外はメッキを活用しないシンプルなデザインとなっています。

via:https://www3.nissan.co.jp/

ちなみにこちらが現行「スカイライン(V37)」。
実はグリル周りはそこまで大きな変化は無いんですよね…グリルデザインが変化するだけでここまで大きく印象が変わるのも面白いですが、日産が「スカイライン」にかける意気込みがかなり強く伝わってきます。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~リヤテールランプは先代「スカイラインGT-R」から受け継ぐ丸型2灯式~

そしてこちらが新型「スカイライン」のリヤデザイン。
LEDテールランプが付いた状態でのかなり貴重なスパイショットとなります。

リヤエンドの”Nissan”エンブレムと”SKYLINE”のエンボス加工の入ったリヤガーニッシュにはカモフラージュが施されていますが、このあと公開するフロントデザインを見るからに完全に新型「スカイライン」であることがわかります。

念願のリヤテールランプが点灯したデザインがチェックできますが、ライトのハウジングは現行とほぼほぼ同じでありながらも、実際に点灯しているランプは「スカイラインGT-R」を彷彿させるような2灯式の円形を採用しています(若干マツダ「アテンザ/マツダ6」にも見えますが…)。

そして、リヤディフューザーはブラックでもシルバーでもなくボディカラーと同色素地であることもちょっと驚きですね。これは結構オシャレかも。

via:https://www3.nissan.co.jp/

こちらは現行「スカイライン」のリヤデザイン。
L字型を意識したかのようなテールランプですが、やはり”スカイライン”という名前を受け継ぐ限りは丸型の方がしっくりきますね。

~フロントヘッドライトはこうやって点灯する!~

そしてコチラがフロントヘッドライトが点灯している新型「スカイライン」。
フロント上部に設けられた細長いLEDデイタイムランニングライトが設けられ、更にその下にはマツダ・現行「デミオ」のようなU字型と単眼プロジェクタが点灯していますね。
この姿もかなり貴重だと思います。

なお、この開発車両は首都高速道路・湾岸線を東京方面へ走行していたそうで、三溪園にて降りて行ったそうです。

~新型「スカイライン」の今後のスケジュールは?~

最後に、新型「スカイライン」の記者発表は7月16日(火)からとなり、見積もり開始は7月19日(金)より解禁、そして公式発売は9月16日(月)からとなります。
価格帯については、7月18日(木)より明らかになるとのことですが、これに併せて詳細仕様(つまりはディーラにスタッフマニュアルが配布)も判明するとのことなので、この辺りの情報もしっかりと収集していきたいと思います。

☆★☆インフィニティ関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう