日産のハイパフォーマンス仕様”Nismo(ニスモ)”が設定される次なるモデルはピックアップトラック?!なお、マイナーチェンジ版・新型「セレナ」にはNismoが設定されない模様

~日産のピックアップトラックにNismoが設定される?~

日産のハイパフォーマンスグレードに位置するNismo(ニスモ)。
同社のトップスポーツモデル「GT-R」や2ドアクーペ「フェアレディZ」、更にはコンパクトモデル「ノート/リーフ」等、幅広いジャンルのモデルにおいて設定されているお馴染みのグレードではありますが、このグレードに関して日産・オーストラリアのスティーブン・レスター氏が、次なる対象モデルはピックアップトラック「ナバラ(Navara)」になる可能性が高い、と説明。

スポンサーリンク

~日産のピックアップトラック全てに設定される可能性も~

同氏によると、Nismoグレードはピックアップトラックの既存の4気筒ディーゼルモデルのみに設定されるのではなく、より多くのエンジングレードでも設定できるように標準的にパッケージングしていくと考えを示しているそうで、例えば同じピックアップトラックモデル「フロンティア」にも設定される可能性があると言われています。

アメリカ市場では大人気モデルとなる「フロンティア」は、2020年9月にフルモデルチェンジンを果たす予定ではあるものの、その販売台数は2018年6月から2019年6月までの1年間、39,322台を記録し、前年同期比で5.7%減少してはいますが、非常に高い推移にて販売を継続。
ここにNismoグレードが追加されることによって更なる拡販に繋がるかどうかは不明ではあるものの、これについてはまだまだ開発と計画の猶予が必要になるかもしれません。

~マイチェン版「セレナ」にはNismoが設定されない模様~

ちなみに、2019年8月中旬に発表・発売予定となっているマイナーチェンジ版・新型「セレナ」については、現行モデルにて設定されているNismoグレードは廃止され、その代りとしてe-POWERには設定されていなかった”G”グレードと”ハイウェイスターG”が追加されることになるそうです。
価格帯や見積もりについても、7月中ごろより明らかになるとのことで、これについては詳細が明らかになり次第、当ブログにてすぐに展開していきたいと思います。

☆★☆日産・関連記事4選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう