【えっ?!パーキング”P”レンジそこなの?】フォルクスワーゲン次世代EVモデル「ID.3」のインテリアが早くもリーク

~早くも次世代「ID.3」のインテリアがリーク!~

先日、フォルクスワーゲン(Volkswagen)の次世代EVハッチバックモデル「ID.3」と思われる開発車両がキャッチされ、その外観がどういったものなのかが(新型「ゴルフ8/ポロ」とは異なるデザイン言語)ある程度判明しましたが、今回は遂に同車のインテリアデザインが完全リークしています。

今回リークしているのは、新型「ID.3」のインテリア・ダッシュボードで、センターには大型タッチスクリーンが確認でき、インフォテイメントシステムが含まれていることもわかります。

また、この画像でもお分かりの通り、フォルクスワーゲンはステアリングの真後ろに小さなデジタルゲージクラスタを開発・搭載したとのことで、ステアリングコラムに取り付けられた可能性があり、実際にハンドルを回したときにそのクラスタ類が一緒に動作するのか・しないのかは明確にはわかっていません。

スポンサーリンク

~まさかそんなところに”P”レンジが搭載されるとは…~

デジタルゲージクラスタには速度や航続可能距離、トリップメータ、レーダークルーズコントロールシステム等の一般的な情報が表示されているのですが、それよりも驚きなのがクラスタ横にパーキング”P”レンジスイッチを含む、ニュートラル”N”やリバース”R”、そしてドライブ”D”といったギアセレクターが非常にユニークに配置されているので、この辺りは次世代EVモデルらしい新しい試みではないかと思いますね(ちょっとBMW「i3」のギアセレクターにも似てるけど…)。

ちなみに、新型「ID.3」のワールドプレミアは2019年9月に開催されるフランクフルトモーターショー2019にて明らかになる予定ですが、恐らくそれまでに外観のリーク画像等もオンライン上にて公開される可能性が高く、ある程度のスペックも明らかになってくるのではないかと思いますね。

☆★☆フォルクスワーゲン関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう